自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

対物超過特約とは。対物賠償保険が無制限でも必要なの?

対物超過特約とは。対物賠償保険が無制限でも必要なの?

もしも自動車事故を起こして他人の車に損害を与えてしまった場合、対物賠償保険に入っていれば相手自動車の修理費用は保険金額を限度としてまかなうことができます。
しかし相手の車の時価額を超える修理費用が発生した場合は、超過分は補償されないため事故解決が進まないということがあります。

そんなときに強い味方となるのが、時価額を超えた高額な修理代もカバーできる自動車保険の「対物超過特約」です。万が一のときに備えて、この特約について詳しく知っておきましょう。

基本補償である対物賠償保険について

対物賠償保険とは、他人の物を壊してしまった場合の補償です。自動車事故を起こして他人の車や家屋を壊してしまい、修理費用などの法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。車や家屋以外にも、ガードレール・信号機・電柱・電車などの公共物への損害も補償対象になります。

交通事故で相手の車の修理費用が発生した

過失割合相当分の修理費用を補償します(保険金額を限度)。

ブレーキとアクセルを踏み間違え、店舗を破損させてしまった

店舗・商品の破損や、営業損失費用を補償します。

店舗やガードレール・信号機・電柱・電車などの公共物への損害も補償対象になります。このような公共物を破損させてしまった場合、損害額が高額になってしまうことがあるので、万が一の時に備えて、チューリッヒでは対物賠償保険金額を「無制限」にすることをおすすめしています。

対物賠償保険を無制限にしても、無制限に保険金が支払われるわけではない

国民生活センターの身近な消費者トラブルQ&Aにも質問が寄せられていますが、対物賠償保険を無制限に設定していても修理費全額が支払われるわけではありません。

前述したとおり対物賠償保険は法律上の損害賠償義務で、損害賠償責任の範囲内の金額を無制限で補償するという意味です。通常は、事故発生時の時価額までとなっています。

そこで問題になるのが「相手自動車の時価額を超える修理費用」です。対物賠償保険が補償できるのは、相手自動車の時価額までとなります。たとえば年式の古い車などによく見られる、修理費用が時価額を超えた場合には、超過分の保険金は支払われません。

相手自動車の修理費用が時価額を超えるなど、対物賠償で補償できない金額をカバーするには、「対物超過特約」を検討する必要があります。これはどのような特約なのか詳しく見てみましょう。

対物超過特約とは?

対物賠償保険で補償できない範囲をカバー

対物超過特約とは、自動車事故で損害を与えてしまった相手自動車に「時価額を超える修理費用」が発生したときの補償です。

チューリッヒの対物超過特約の場合、支払限度額は、50万円または無制限を選ぶことができます。

無制限を選ぶことで高額な対物超過修理費用の支払いに備えることができます。

たとえば、事故で損害を与えてしまった相手自動車の時価額が100万円、修理費用が200万円だったとしましょう。過失割合はご自身100%、相手方0%とします。

特約なし

相手方の車の修理費用200万円

時価額100万円:対物賠償保険から補償、残り100万円:補償対象外

対物超過特約あり

相手方の車の修理費用200万円

時価額100万円:対物賠償保険から補償、残り100万円:対物超過特約から補償 ※保険金額無制限の場合

対物超過特約を付帯していない場合は、相手自動車の修理費用200万円のうち、時価額100万円は対物賠償保険で補償されます。しかし、時価額を超えた修理費用100万円は補償対象外となり、自己負担することになってしまうのです。

一方、対物超過特約で支払限度額を50万円に設定した場合は、相手自動車の時価額100万円は対物賠償保険で補償され、時価額を超えた修理代100万円のうち50万円が対物超過特約で支払われます。

支払限度額を無制限にした場合は、相手自動車の時価額100万円はもちろん、時価額を超えた修理費用100万円もすべて補償され、計200万円の修理費用が全額支払われます。

補償金額は時価額と過失割合によって変わる

さきほどは過失割合をご自身100%、相手方0%としてみましたが、それぞれの過失割合を勘案した場合をみてみましょう。対物超過特約は、相手自動車の時価額を超える修理費用に被保険者の過失割合を乗じた額が保険金として支払われます。

たとえば、相手自動車の時価額が60万円、修理費用が100万円、ご自身の過失割合が70%、相手の過失割合が30%だった場合です。

  相手方の車の修理費用100万円
時価額60万円 時価額を超える修理費用40万円
特約なし ご自身の過失割合(70%) 対物賠償で
42万円補償※1
超過額はお支払いいたしません。
時価額のみが賠償の対象です。
相手の過失割合(30%) - -
特約あり
(支払限度額
50万円)
ご自身の過失割合(70%) 対物賠償で
42万円補償※1
対物超過特約で
28万円お支払い※2
相手の過失割合(30%) - -

※1 時価額60万円にご自身の過失割合70%を乗じた額。
※2 超過額40万円にご自身の過失割合70%を乗じた額。

このケースでは、対物超過特約がない場合に支払われる保険金は、時価額60万円にご自身の過失割合70%を乗じた42万円のみ。

対物超過特約があり、支払限度額が50万円だった場合は、対物賠償の42万円にプラスして、超過額40万円にご自身の過失割合70%を乗じた28万円が、対物超過特約で支払われます。
つまり修理費用100万円に過失割合70%を乗じた70万円が、すべて補償されるのです。

このように、相手自動車の時価額を超えた修理費用が50万円以内であれば、対物超過特約の支払限度50万円を付帯すれば全額が支払われます。自身の過失割合が100%、相手が0%だったとしても、相手自動車の時価額60万円と超過分の40万円、計100万円の修理費用は全額補償されます。

対物超過特約の付帯が有用なケース

では、どのような場合に対物超過特約が有用になるのか、よくある事例を見てみましょう。

時価額は低いが、修理費が高い車との交通事故

完全停車中の車に追突してしまったため、過失割合は自身が100%、相手は0%。相手自動車は年式が古く、時価額は90万円だが、修理費用は330万円。対物賠償で補償されるのは時価額90万円まで。時価額を超える修理費用は240万円。相手から修理費用を全額負担してほしいと言われてしまった…。

上記ケースで対物超過特約(支払い限度額50万円)の場合
  相手方の車の修理費用330万円
時価額90万円 時価額を超える修理費用240万円
特約あり
(支払限度額
50万円)
ご自身の過失割合(100%) 対物賠償で
90万円補償※1
対物超過特約で
50万円お支払い※2
⇒190万円の自己負担に
相手の過失割合(0%) - -

対物賠償事故における法律上の賠償責任は相手方が自動車の時価額までです。そして時価額を超える修理費用を請求してきた場合、通常の対物賠償保険では時価額を超える部分は支払い対象ではありません。しかし、対物超過特約に加入していると対物超過特約により保険金50万円が支払われ、時価額を超える190万円が自己負担となります。

※1 時価額90万円にご自身の過失割合100%を乗じた額。
※2 時価額を超える修理費用240万円にご自身の過失割合100%を乗じた結果は240万円ですが、支払限度額が50万円のため、お支払いする保険金は50万円となり、時価額を超える修理費用に190万円不足することになります。
(上記、無制限の例は、相手方の過失割合が0%の場合です。相手方に過失割合がある場合、相手方に自己負担額が発生します。たとえば、上記例でご自身、相手方の過失割合が双方50%の場合、当社から相手方に支払える保険金額は240万円に50%を乗じた120万円となり、お支払いできない120万円は相手方の自己負担額となります。)

同じケースで対物賠償のみに加入の場合と対物補償+対物超過特約に加入の場合
  相手方の車の修理費用330万円
時価額90万円 時価額を超える修理費用240万円
特約なし ご自身の過失割合(100%) 対物賠償で
90万円補償※1
超過額はお支払いいたしません。
時価額のみが賠償の対象です。
相手の過失割合(0%) - -
特約あり
(支払限度額
無制限)
ご自身の過失割合(100%) 対物賠償で
90万円補償※1
対物超過特約で
240万円お支払い※2
相手の過失割合(0%) - -

対物超過特約を付帯していない場合

補償されるのは対物賠償による時価額の90万円のみです。超過分の修理費用240万円は、すべて自己負担になってしまいます。

対物超過特約(支払限度額 無制限)を付帯の場合

支払限度額が無制限の対物超過特約を付帯していれば、対物賠償で90万円、対物超過特約で240万円、修理費用の330万円はすべて補償され、自己負担額は0円になるのです。

※1 時価額90万円にご自身の過失割合100%を乗じた額。
※2 支払限度額が無制限のため時価額を超える修理費用に不足なくお支払いすることができます。なお、支払限度額が無制限であっても、支払保険金の計算結果が、相手自動車の新車価額を超える場合は新車価額を限度としてお支払いします。たとえば上記例で、相手自動車の新車価格が250万円でなく220万円の場合、お支払いする保険金は240万ではなく、220万円となります。

対物超過特約の注意事項

対物超過特約で補償されるのは、事故日の翌日から起算して6ヵ月以内に相手自動車が実際に修理されたときに限ります。6ヵ月以上経過した場合には補償されません。

また、支払限度額を無制限で設定した場合であっても、保険金の額の計算結果が相手方の新車の価額を超える場合は、お支払いする保険金額は相手方の新車価格が上限になります。

対物超過特約で補償されない損害

対物超過特約は、相手自動車に時価額を超える修理費用が発生したときの補償です。地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮などの自然災害によって生じた損害は補償されません。

また、保険契約者の故意によって生じた損害も補償されません。本人の車に損害が発生した場合や、両親や子供、配偶者などの身内が運転していた場合、身内が損害を与えた場合も補償されません。

チューリッヒの場合

補償されない主な範囲
  • 地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮によって生じた損害
  • 保険契約者、記名保険者等の故意によって生じた損害
  • 以下の方が所有、使用、管理する財物に対する賠償責任
    a.記名被保険者
    b.被保険自動車を運転中の者またはその父母、配偶者もしくは子
    c.被保険者またはその父母、配偶者もしくは子
  • 対物賠償保険金の支払いが発生しない損害(2019年1月1日以降の契約が対象)

まとめ

車を運転している限り、事故を起こしてしまう可能性は誰にでもあります。他人の車に損害を与えてしまった場合、相手自動車の時価額よりも修理費用のほうが高額になってしまうケースは珍しくありません。車の耐久性が向上したことによって、年式の古い車に乗っている人も増えています。

自動車事故を起こしてしまった場合、対物賠償保険を無制限に設定していても補償されるのは、相手自動車の時価額が上限です。時価額を超える修理費用は補償されません。

古い車などの場合、修理費用が時価額を大きく上回ることが多く、修理費用の負担をめぐって相手とトラブルが起こることも少なくありません。

対物超過特約は、相手自動車の修理費用が時価額を大きく超えた場合でも、対物賠償で補償されない金額をカバーできるため、修理費用をめぐるトラブルを防ぐことができます。万が一のときに備えて、ぜひ検討してみてください。

  • 本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。
  • チューリッヒの自動車保険に関する内容について
    本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
    必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190717-1

「補償内容」の記事一覧

「補償内容」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら