閉じる

「対人賠償保険」は無制限を選ぶべき?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
「対人賠償保険」は無制限を選ぶべき?

自動車保険(任意保険)の主要な補償のひとつに、「対人賠償保険」があります。任意保険においては、この対人賠償保険は無制限の契約にすべきだといわれることが多いですが、それはなぜなのでしょうか。
こちらでは、対人賠償の保険金額を無制限にすべき理由についてご紹介します。

対人賠償保険とは

対人賠償保険とは、交通事故を起こしたときに歩行者や自転車に乗っている人、相手の自動車に乗っていた人に何らかのケガをさせてしまったり、万が一お亡くなりになった際の賠償金を支払うための保険です。ケガの場合には治療費、お亡くなりになった場合には賠償金や慰謝料を保険金の中から支払うことになります。

自動車保険にはさまざまな補償が組み合わされていますが、その中でも対人賠償保険は基本中の基本の補償といえます。ほとんどの保険会社では、対人賠償保険を外して自動車保険を契約することはできません。
仮に対人賠償保険を外すことができたとしても、自動車保険に加入している意味は薄くなってしまうでしょう。

自賠責保険だけでは限度額がある

自賠責保険だけでは限度額がある

自動車を所有している方は、任意保険とは別に、法律で規定されている強制保険となる自賠責保険に必ず加入しなければいけません。この自賠責保険にも対人賠償の補償がついているので、「自賠責保険で補償がついているのなら任意保険の加入は必要ないのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自賠責保険は、交通事故を起こして被害者がケガをさせてしまったときに上限120万円の保険金が支払われます。

また、後遺障害を負わせてしまった場合にはその障害に応じて最高4,000万円、被害者がお亡くなりになった場合には最高3,000万円の補償がなされます。
一見すると十分な補償のように思われるかもしれません。しかし、実際にはこれだけの額では不十分なこともあります。

相手の被害状況や年齢、職業などによって賠償金額が決められますが、場合によっては自賠責保険で補償できる上限金額を超える、多額の賠償金を請求されることもあります。
自動車保険(任意保険)に入っていないと、自賠責保険の上限を超える部分に関しては、すべて自分で準備をしなければなりません。

人身事故で発生する賠償金の種類

人身事故で発生する賠償金の種類

では、人身事故を起こしたときに支払うべき賠償金にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的には以下のような項目が挙げられます。

治療関係費

事故の被害者が何らかのケガをした場合には、その治療費の負担をしなければなりません。もし入院をしたり、手術をしたりといった事態になると、高額な費用を請求される可能性があります。

また、最先端の医療機器を必要とする治療ならば、健康保険の対象外となる可能性も出てきます。そうなると、自由診療で全額治療費を負担しなければならないこともありえます。

休業損害

事故の被害者が入院したとなると、その間仕事ができなくなります。これにより、給料や報酬が減額された場合には、その分の補償をしなければなりません。なお、相手が専業主婦の方ならば、その家事労働をベースにして請求されます。

慰謝料

交通事故の被害者やその家族には、必要のない苦痛を与えてしまいます。そこで、その苦痛に対する慰謝料も加害者側が負担しなければなりません。一般的に交通事故の場合、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料などが請求されます。

逸失利益

交通事故の被害者に後遺障害が残ってしまったり亡くなってしまったことで、本人やその家族が将来的に受け取ることができるはずだった収入を失います。このことを逸失利益といい人身事故で請求されるもののひとつです。

物損被害の損害賠償

物損被害の損害賠償

交通事故では、人体へのダメージの他に"物"への損害もあることがほとんどです。相手の車の修理費、直せないような状態であれば買い替えの費用が発生します。 また歩行者が相手の場合でも、着ていた服が破れたり、血液で使い物にならなくなったりすることも考えられます。

このような物的損害に関しても、加害者側に請求されることになります。人に関する損害とは分けて処理し、しかも人損分よりも先に賠償することが多いです。こちらの賠償金は対物賠償保険で支払われます。

対物賠償保険(基本補償)は、自動車事故で、他人の車や家屋、物を壊してしまった場合の補償です。ガードレール、信号機、電柱、電車、店舗等も補償の対象となります。

相手方への補償では、裁判で高額な損害額が認定される場合があります。チューリッヒでは対人対物ともに補償される保険金額を無制限にすることをお勧めします。

なお、チューリッヒの対人賠償保険の場合、上記のような対人賠償保険金の他に、臨時費用保険金も支払われます。

臨時費用保険金とは、相手がお亡くなりになった場合、もしくは事故によるケガの治療のために20日以上の入院をした場合に、見舞品代や・Tなどの費用を補償するための保険です。

チューリッヒでは、お亡くなりになった場合には10万円、20日以上の入院の場合には2万円を1名当たりの定額としてお支払いします。

人身事故で発生する賠償金額

人身事故で発生する賠償金額

人身事故で発生する賠償金は、被害の程度によって決められます。たとえば、むち打ちや打撲程度の軽いケガであれば、そこまで大きな賠償金は発生しません。

しかし、相手がお亡くなりになったり、日常生活に支障をきたすような後遺障害が残ったりするとなると、数億円といった莫大な賠償金を請求される可能性があります。ここでは、過去の判例の一部をご紹介いたします。

人身事故における高額賠償判決例

認定
損害額
様態 判決年月日 被害者
5億2853万円 死亡 平成23.11.1 男性 41歳 眼科開業医
3億9725万円 後遺障害 平成23.12.27 男性 21歳 大学生
3億7370万円 後遺障害 平成26.8.27 男性 7歳  小学生
3億4791万円 後遺障害 平成19.1.31 女性 18歳 高校生
3億4614万円 後遺障害 平成19.6.8 女性 25歳 会社員

(出典:損害保険料算出機構 自動車保険概況 2016年3月発行)

以上の事例より、自賠責保険の3,000万、4,000万円の保険金では認定損害額を満たせないことも想定されます。

対人賠償保険金額を下げて保険料を節約することを検討される方もいるかもしれません。しかし、万が一交通事故を起こしてしまった場合、認定損害額が高額となるケースもありますので、無制限の対人賠償保険を選ぶことをお勧めします。(なお対物賠償保険も無制限を選ぶことをお勧めします。)

なお、チューリッヒでは、対人賠償保険を原則無制限でご案内しています。インターネットでのお手続きの場合は無制限のみのお引受けとなります。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE