閉じる

自動車税はクレジットカード(ネット)払いできる?口座振替、コンビニでの電子マネーなどの支払い方

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車税は、毎年4月1日時点の車の所有者に対して課される地方税の一つです。
5月上旬に納付書が届いてから5月末までの納付期限まで意外と時間がない、金融機関の窓口で支払おうと思っていても、忙しくてなかなか行けない、窓口で待たされる、行くのが面倒だと感じたことはありませんか?そこで本記事では自動車税の支払い方法をご紹介します。

自動車税の支払い方法

自動車税の支払い方法には以下の方法があります。

  • 納付書による現金払い (指定金融機関の窓口、コンビニエンスストアなど)
  • 電子マネー(一部のコンビニエンスストア)
  • 口座振替
  • Pay-easy(ペイジー)(ネット、ATM)
  • クレジットカード(ネット)

納付書による現金払い

自動車税の納付書を窓口に提出して現金で支払う方法です。
金融機関、郵便局、都税事務所・支所・支庁・自動車税事務所、コンビニエンスストアで納付できます。
東京都の具体的な金融機関については、東京都公金収納取扱金融機関名一覧で確認することができます。

納付書を持って窓口で支払うだけなので簡単ですが、窓口やレジで待たされることがある、支払いに出向く必要があるなど、忙しい人にとってはデメリットもあります。

電子マネー

自動車税を納付できる電子マネーはnanacoとWAONです(2019年3月現在)。
nanacoの場合はセブンイレブンで、waonの場合はミニストップでの支払いになります。
ただし、税金の支払いは収納代行にあたるため、単にnanaco払い、waon払いをしてもポイントは付与されません。

口座振替

口座振替可能かは自治体によって異なる

自動車税を金融機関の預貯金から自動引き落としで納税する方法です。窓口に出向く必要がなく、納税の記録も通帳に残ります。また、廃車などで還付金が発生したときに登録した口座で受け取りが可能です。

しかし、自動車税は都道府県税(地方税)であるため、自動車税を口座振替に対応しているかどうかは、対応がそれぞれ異なります。口座振替可能な自治体も増えていますが確認が必要です。ちなみに東京都、大阪府は口座振替に(2019年3月現在)対応していません。

Pay-easy(ペイジー)

ペイジーで支払うメリットは、金融機関の窓口やコンビニのレジで待たされたり、現金を引き出したりする必要がないということです。
インターネットバンキング、モバイルバンキングの契約があれば24時間365日、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンから支払いが可能で、銀行口座から自動的に引き落としが完了します。また、「Pay-easyマーク」のあるペイジー対応ATMからはキャッシュカードまたは現金での支払いが可能です。
ペイジーはクレジットカードを持っていなくても支払いができるのがポイントです。

自動車税納付にペイジーが利用できる地方公共団体はこちらからご確認ください。

クレジットカード

もうひとつ、いつでもどこでも支払い可能なのがクレジットカードを利用して自動車税を支払う方法です。また、クレジットカードによる納税の場合は、クレジット利用代金が引き落とされる日まで、実際の支払日を遅らせることができます。

インターネットでクレジットカード払いする方法

東京都の場合はクレジットカードを使っての納税は、専用のサイト「都税クレジットカードお支払サイト」を利用します。(2019年3月現在)

  • パソコンまたはスマートフォンなどから、都税クレジットカードお支払サイトへアクセス
  • 納税通知書・納付書に記載されている「納付番号・確認番号・納付区分」を入力
  • 画面の内容を確認し、「クレジットカード情報」を入力

自治体によって、独自のサイトがあるところやYahoo!公金サイトなどを利用しているところがあります。
また、現在はクレジットカード払いに対応していない自治体もありますが、順次対応可能な自治体が増えてきていますので、支払うタイミングでそれぞれご確認ください。
コンビニや金融機関などでは、クレジットカードで支払うことはできませんので注意してください。

クレジットカード払いでの注意点

クレジットカードの決済手数料がかかる

便利なクレジットカード払いですが、気をつけなければならないのが、自動車税の他に決済手数料がかかるということです。
自動車税だけでなく複数の支払いがある場合は、1件ごとそれぞれに決済手数料がかかります。
多くの自治体が1件あたり一律324円(税込)程度ですが、なかには税額に応じて段階的に手数料が変わるところもあります。
手数料は、各自治体のクレジットカード支払いサイトにて確認できます。
東京都の場合の決済手数料、支払い額の試算はこちらから確認することができます。

領収書が発行されない

納税証明書が約10日間発行されない

至急、納税証明書が必要となる場合は、クレジットカード納付ではなく、金融機関などの窓口またはコンビニエンスストアでの納付をおすすめします。

このように、インターネットでのクレジットカードでの支払いは、忙しくて支払いに行けない方や実際の支払いのタイミングを遅らせたい方にとっては助かりますが、決済手数料がかかるなど考慮すべきポイントもあります。

自動車税の納付は期限内に

納付書が届いてから、支払い期限まで意外と時間がないのが自動車税の支払いです。本記事を参考に、ご自身にあった方法を選んで、期限内に納付しましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190408-1

「車の税金・維持費」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り