閉じる

自動車税は13年を超えると高くなる?10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車税は13年を超えると高くなる?10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課

地球環境保護の観点から排出ガスが少なく、燃費のよい車はエコカー減税などの優遇措置がとられています。対して古い車(中古車など)ほど自動車税などの税金が高くなり、負担を感じている人も多いのではないでしょうか。
車を所有すると購入時や維持にさまざまな税金を徴収されます。車の維持にかかる毎年の自動車税(軽自動車の場合は軽自動車税)と車検時にかかる自動車重量税は、古い車ほど重課となっています。では、新車登録から何年の車が、どれくらい税負担が重くなるのでしょうか?

自動車税が高くなるのは新規登録から13年を越えた車

自動車税が高くなるのは新規登録から13年を越えた車

自動車税は車検証に記載されている新規登録の日から、13年以上経過すると高くなりますが、重課額はどの程度になるのでしょうか。また13年以上経つと、すべての車の自動車税が高くなるのでしょうか。

新規登録から13年を超えると自動車税はどれだけ高くなる?

自動車税とは毎年4月1日の時点で自動車の所有者に課せられる都道府県税で、自動車の総排気量によって税額が決まります。毎年支払う税金なので高くなると負担も大きくなりますが、平成27年度より新規登録から13年経過したガソリン車(ハイブリッド車を除く)・LPガス車は重課されることになり、ディーゼル車は11年以上で重課されることになりました。重課の割合はガソリン車(ハイブリッド車を除く)・LPガス車は各排気量とも約15%です。

自動車税が毎年支払う税金であることを考慮すると大きな増加額ともいえます。

排気量ごとの自動車税額(年額)平成31年4月1日現在
区分 排気量 新規登録から
13年未満
新規登録から
13年以上
自家用車
ガソリン車(ハイブリッド車除く)・LPガス車
1,000cc以下 29,500円 約33,900円
1,000超〜1,500cc以下 34,500円 約39,600円
1,500超〜2,000cc以下 39,500円 約45,400円
2,000超〜2,500cc以下 45,000円 約51,700円
2,500超〜3,000cc以下 51,000円 約58,600円
3,000超〜3,500cc以下 58,000円 約66,700円
3,500超〜4,000cc以下 66,500円 約76,400円
4,000超〜4,500cc以下 76,500円 約87,900円
4,500超〜6,000cc以下 88,000円 約101,200円
6,000cc超 111,000円 約127,600円

(注)新規登録から13年を経過した車の税額は13年未満の税額に15%プラスした概算

出典:東京都ウェブサイト

軽自動車も13年超えると軽自動車税が高くなる

軽自動車にとっての自動車税は軽自動車税といい、自動車税と同じく毎年4月1日時点の所有者に課せられます。
軽自動車税も自動車税同様、新規登録から13年経過すると軽自動車税がアップします。増加額は普通車と比べると小さいものですが、約20%と重課の割合は大きいといえます。

乗用自家用車の軽自動車税 平成31年4月1日現在
初度検査年月 13年未満 13年以上
平成27年3月31日以前 7,200円 12,900円
平成27年4月1日以降 10,800円 12,900円

出典:総務省ウェブサイト

13年以上でもハイブリッド車は対象外

ただし新規登録から13年以上経つと、すべてのガソリン車の自動車税が高くなるわけではありません。たとえばトヨタのプリウスなどのハイブリッド車は新規登録から13年以上経つものでも自動車税が重課されることは無いのです。

自動車重量税も新規登録から13年以上で税額が高くなる

自動車重量税も新規登録から13年以上で税額が高くなる

新規登録から13年以上の車は自動車税だけでなく自動車重量税も重課されます。

自動車重量税とは

自動車重量税は車の重さによって課税され、車検の有効期間分を前払いします。新車の場合は新規登録時に初回車検までの3年分、以後車検ごとに2年分の自動車重量税を支払います。
自動車重量税は車両の重さ0.5トンごとに税額が変わるしくみになっています。

自動車重量税も13年以上、18年以上で高くなる

しかし、自動車重量税も自動車税同様、新車登録から13年以上経つ車は重課され、18年以上経つ車はさらに重課されます。
自動車重量税は車両重量ごとに以下のとおりとなっています。

自家用乗用車の自動車重量税の税額(2年)
エコカー エコカー以外
車両重量 新規登録から13年未満 新規登録から13年から18年未満 新規登録から18年以上
0.5トン以下 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
〜1トン 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
〜1.5トン 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
〜2トン 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
〜2.5トン 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
〜3トン 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

出典:国土交通省 2019年5月1日からの自動車重量税の税額表(平成31年5月1日現在)

たとえば3トン車の場合だと、新規登録から13年未満の車と13年以上18年未満の車の差額は、2年で19,200円、13年未満の車と18年以上の車との差額は、2年で26,400円にもなります。
車検時には、自動車重量税の他にも自賠責保険料や整備費など多額のお金がかかります。新車登録から13年以上の車は、より整備費がかかることも考えられるので、車検時にかかる費用はさらに大きくなるのです。

軽自動車も13年以上で自動車重量税がアップする

軽自動車の自動車重量税は、車両の重さにかかわらず定額となっていますが、やはり新規登録から13年以上で重課され、18年以上になるとさらに重課されます。

自家用軽自動車の自動車重量税の税額(2年)
エコカー エコカー以外
新車登録から13年未満 新車登録から13年以上 新車登録から18年以上
5,000円 6,600円 8,200円 8,800円

出典:国土交通省 2019年5月1日からの自動車重量税の税額表(平成31年5月1日現在)

軽自動車の自動車重量税は元々がそれほど高くないので、負担感は少ないかもしれませんが、新車登録から13年以上の軽自動車で24%アップ、18年以上の軽自動車で33%アップになりますから、自動車税同様、重課の割合は大きいといえます。

自動車重量税でもエコカーはお得

自動車重量税では、電気自動車などエコカーは大きく優遇されています。
たとえば自家用乗用車の場合、13年以上の車の自動車重量税はエコカーの倍以上の税額になり、軽自動車でも1.6倍の税額になります。
特に自家用乗用車の自動車重量税は、排気量が大きくなると税額も高くなるので、エコカーと13年以上の車の税額の差は大きくなります。

13年以上の車が重課される理由は?

13年以上の車が重課される理由は?

ではなぜ13年以上の車は自動車税などが重課されるようになったのでしょうか。それは地球環境への負荷を減らすための施策に理由があります。

環境性能に優れた車の普及促進

現在CO2など車の排出ガスが地球環境に与える影響が、世界的な問題になっています。このため排出ガスが少なく、燃費に優れた車を税制面で優遇するエコカー減税制度やグリーン化特例の制度が開始しました。
電気自動車やハイブリッド車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車など、国土交通省が定める排出ガス、燃費基準をクリアしたエコカーは、燃費面で優れているだけでなく、税金面においても大きく優遇されるようになりました。それに対して新車登録から13年以上経過したガソリン車など、環境負荷が大きい車は重課されるようになったのです。
こうした国によるエコカー普及促進政策により、新規登録から13年以上の車の自動車税などが高くなったともいえるでしょう。

車の平均使用年数との関係

一般財団法人 自動車検査登録情報協会が毎年行っている調査によれば、乗用車の平均使用年数は約13年といいます。
最近の車は、以前に比べて性能がぐんと上がって車の平均寿命も長くなっているようですが、税金が高くなる13年ごろが、環境性能に優れた車への買い替えどきともいえるでしょう。

13年経過の考え方は?

13年経過の考え方は?

では13年経過はいつの時点になるのでしょうか?
国土交通省の新車新規登録等から13・18年経過する自動車の経過年数の考え方によれば、原則として、以下のとおりです。

普通自動車:初度登録年月から12年11ヵ月後に自動車検査証の交付等を受ける場合「13年経過」となる
軽自動車:初度検査年から13年を経過した年の12月以後に自動車検査証の交付等を受ける場合「13年経過」となる

車は購入時に加え、所有、維持していることでさまざまな税金がかかります。環境負荷が大きい車は自動車税、自動車重量税の負担が大きくなることをお話ししました。本記事を参考にご自身の車がいつ13年経過となるのかを確認してみてください。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190424-1

「車の税金・維持費」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り