閉じる

エコカー減税の対象期間・対象車。自動車税制改正でどう変わる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

エコカー減税の対象期間・対象車。自動車税制改正でどう変わる?

2019年10月1日から10%になる消費税に合わせて自動車税制も改正されます。車選びの重要な選択ポイントとなっているエコカー減税。これからエコカー減税はどうなるのか、自動車購入はいつがいいのかについても考えます。

エコカー減税とは?エコカー減税対象になる税金は?

エコカー減税とは?エコカー減税対象になる税金は?

エコカー減税とは、国土交通省が定める燃費と排気ガス基準に適合した車、つまり環境性能に優れた車に対する、税の軽減、免除などの優遇制度のことです。

エコカー減税の適用がある税金

車にかかる税金のうちでエコカー減税対象になる税金は、購入時に納める自動車取得税、 購入時や車検時に納める自動車重量税です。

自動車取得税:新車購入時に減税または全額免除

車を購入したり、譲り受けたりなど取得時にかかる税金です。
自家用自動車の場合、原則的に取得価額の3%。軽自動車の場合は取得価額の2%がかかります。

自動車重量税:新車購入時に減税または全額免除

自動車重量税は車の重さによって税額が決まります。自動車重量税は初年度登録と車検ごとにまとめて払っているので、維持費としての意識が薄れがちです。自家用乗用車の場合、車両の重さが0.5トンごとに税額が変わります。

エコカー減税の運用期間は?

エコカー減税の運用期間は?

エコカー減税は期間限定の優遇税制です。期間が税によって異なります。運用期間を考えてエコカーを購入するようにしましょう。

乗用車(平成31年度) エコカー減税の適用期間
自動車取得税 2019年4月1日〜2019年9月30日までに新車を取得する場合
自動車重量税 2019年5月1日〜2021年4月30日までに新車登録及び車検を受ける場合

出典:国土交通省 エコカー減税の概要

エコカー減税対象になる車は?

エコカー減税対象になる車は?

電気自動車やプラグインハイブリッド車などのいわゆる次世代自動車だけなく、燃費と排気ガス基準をクリアしたガソリン車やLPG車もエコカー減税の対象になります。

新車 自動車取得税
2019年4月1日〜2019年9月30日までに新規登録の場合
自動車重量税
2019年5月1日〜2021年4月30日までに新規登録の場合
次世代自動車

電気自動車 燃料電池自動車
天然ガス自動車
プラグインハイブリッド自動車
クリーンディーゼル乗用車

非課税 免税※1
排ガス性能 燃費性能
乗用車
ガソリン自動車

(ハイブリッド自動車を含む)
LPG自動車

平成17年排出ガス規制
75%低減 又は
平成30年排出ガス規制
50%低減
平成32年度 燃費基準 +90%〜達成 非課税 免税※2
平成32年度 燃費基準 +40%〜達成
平成32年度 燃費基準+30%達成 50%軽減 50%軽減
平成32年度 燃費基準+20%達成 50%軽減 50%軽減
平成32年度 燃費基準+10%達成 25%軽減 25%軽減
平成32年度 燃費基準 達成 20%軽減 25%軽減

※1新車新規登録時免税を受けた車両については、初回継続検査時も免税。 (車検証の有効期間が満了する日から起算して15日を経過する日までに車検証の交付等を受けた場合に限り適用。)

※2 新車新規登録時免税を受けた平成32年度燃費基準+90%以上を達成している車両については、初回継続検査時も免税。(車検証の有効期間が満了する日から起算して15日を経過する日までに車検証の交付等を受けた場合に限り適用。)

出典:国土交通省 エコカー減税の概要

このように、2019年4月、5月からエコカー減税の軽減率が引き下げられます。

  • 自動車取得税のエコカー減税は4月から軽減率の引き下げ
  • 自動車重量税のエコカー減税は5月から軽減率の引き下げ

となっています。

消費税10%に伴い、自動車税制はどうなる?

消費税10%に伴い、自動車税制はどうなる?

2019年10月1日からの消費税10%(予定)に伴い、自動車税制も大きく変わります。エコカー減税はどうなるのか。その要点を説明します。

2019年10月から自動車取得税は廃止、環境性能割が導入

消費税10%になる10月1日から、購入時の取得価格に応じた自動車取得税は廃止され、新たに環境性能割がスタートする予定です。環境性能割は文字通り環境性能によって税率が異なるものです。自動車取得税のエコカー減税よりも、環境基準のハードルが高くなって対象外となる車が増えます
たとえば2015年環境基準+10%をクリアした乗用車は現行の自動車取得税なら税率は1.8%ですが、環境性能割では税率2%と増税になります。環境性能割の税率は下表をご覧ください。

環境性能割の税率(乗用車の例) 2019年10月1日から

燃費性能等 税率
自家用 営業用
登録車 軽自動車
電気自動車等 非課税 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車 1.0%
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車 2.0% 1.0% 0.5%
★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車 3.0% 2.0% 1.0%
上記以外 2.0%

(注1)「電気自動車等」とは、登録車の場合は電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合(3.5t以下の自動車)又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成)、プラグインハイブリッド車及びクリーンディーゼル車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制適合)であり、軽自動車の場合は電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成)を指します。

(注2)「★★★★」とは、平成30年排出ガス規制適合又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車を指します。

参照:総務省地方税制度

2019年10月1日から2020年9月30日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

自動車重量税は減税率が下がる

現在の自動車重量税で実施されているエコカー減税は2019年4月30日に終わります。新たに2019年5月1日から2021年4月30日まではエコカー減税が暫定的に導入されます。たとえば2019年4月までなら2020年度燃費基準+20%達成の車は自動車重量税が75%軽減されます。それが2019年5月以降は50%軽減となり、増税となります。

自動車重量税で実施されるエコカー減税の比較
2019年4月まで 2019年5月以降
次世代自動車 免税 免税
2020年度燃費基準+40%達成 免税 免税
2020年度燃費基準+30%達成 75%軽減 50%軽減
2020年度燃費基準+20%達成 75%軽減 50%軽減
2020年度燃費基準+10%達成 50%軽減 25%軽減
2020年度燃費基準達成 25%軽減 25%軽減

グリーン化特例の自動車税は排気量の小さな車ほど下げ幅が大きくなる

消費税が10%になる2019年10月1日以降は自動車税が最大4,500円安くなります(排気量660〜1000cc以下)。ボリュームゾーンである低排気量車(排気量660〜1500cc以下)の下げ幅が大きいことがわかります。

消費税引き上げによる自動車税の引き下げ
排気量 現行の自動車税額 2019年10月1日以降 下げ幅
660〜1,000cc以下 2万9,500円 2万5,000円 4,500円
1,000〜1,500cc以下 3万4,500円 3万5,000円 4,000円
1,500〜2,000cc以下 3万9,500円 3万6,000円 3,500円
2,000〜2,500cc以下 4万5,000円 4万3,500円 1,500円
2,500cc以上 5万1,000円〜11万1,000円 5万〜11万円 1,000円

まとめ

まとめ

地球環境保全のために、環境性能に優れた車に対して税制優遇が導入されたエコカー減税。消費税が10%になる2019年10月以降は、自動車取得税が廃止されますが、環境負荷の高い車や経過年数の長い車の税負担が重いことは変わりありません。

新車の購入を検討されている方は、消費税の増税、自動車税改訂前にどれくらいの税金がかかるのかをよく検討してみることが大切です。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190327-3

「車の税金・維持費」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り