閉じる

車の水垢やイオンデポジット・ウォータースポットとは

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車の水垢やイオンデポジット、ウォータースポットの原因とは?

「せっかく洗車したばかりなのにまた汚れてしまう…」そう思いながら雨空を見上げるドライバーの方は多いのではないでしょうか。きれいな車を維持するためにカーコーティングしていても、水垢やシミができてしまうこともありますね。実際のところカーコーティングは万能ではなく、水垢やシミなどの汚れを100%防ぐことはできないものなのです。

そこで今回は、車に付着する気になる汚れ、水垢・イオンデポジット・ウォータースポットについて、なぜ付着するのか、どのように落とせばいいのかについてお話しいたします。

ボディに発生する水でできた跡のような汚れの正体は?

ボディに発生する水でできた跡のような汚れの正体は?

車のボディに発生する水でできた跡のような汚れの正体は「水垢」「イオンデポジット」「ウォータースポット」の3つに分けることができます。どうしても気になってしまうこれらの汚れの発生原因を簡単に解説します。

水垢・・・排気ガスのススやワックスなどの油分、洗車時の洗剤の残りなどが雨により流れ、黒いスジ状になって残ったものです。ドアノブやサイドミラーの下などに多く発生します。

イオンデポジット・・・水の中に含まれるミネラルなどの不純物がボディに付着し、白いリング状となって残ったものです。

ウォータースポット・・・ボディについた雨粒などの水滴がレンズの働きをして日光の熱を集めてしまうことで、ボディの塗装面が焼けたり、月のクレーターのような凹凸ができたりしたもののことです。

これら3つの汚れは発生原因が異なるので、落とし方も異なります。では、次の章で具体的な発生原因や落とし方についてご説明しましょう。

黒いスジ状になった車の水垢の発生原因と落とし方

黒いスジ状になった車の水垢の発生原因と落とし方

水垢が発生する原因

大気中に含まれる排気ガス、洗車時に拭き残したワックスや洗剤、洗車で落とせなかった汚れなどが雨により流されて発生します。ドアミラーやフロントフェンダー、リアバンパーなど、雨水が縦に流れる部分に多く発生するのが特徴です。黒や灰色の汚れのため、明るいカラーの車だと特に目立ちます。

水垢の落とし方

汚れの主成分が「油」であるため、洗車用のシャンプーなどを使うことできれいに落とすことができます。食器用の洗剤も油汚れには強いため、裏技として使用するのもありですね。ただし、食器用洗剤は洗車用シャンプーと比べて泡切れが悪いため、洗い残しがあると再度水垢になってしまうため注意してください。

なお、洗車しても落ちないほどしつこい水垢の場合、コンパウンド入りの専用水垢取り剤などを使用すると良いでしょう。

イオンデポジットの発生原因と落とし方

イオンデポジットの発生原因と落とし方

イオンデポジットが発生する原因

イオンデポジットは洗車時の水道水や雨などの水分が蒸発し、乾燥していく過程で不純物がボディに残り、白いリング状のシミになったものです。ボンネットの上などに発生することが多く、水道水、雨粒がエンジンの熱で急激に温度上昇し、蒸発することで不純物だけがボディ塗装面に残り、イオンデポジットとなります。

炎天下で洗車しない、洗車後は水が自然に乾燥しないようにしっかり拭きとることでイオンデポジットはある程度予防できます。

また、長期間雨ざらし状態で放置しておくとイオンデポジットが硬く蓄積し、簡単に除去できなくなっていくばかりでなく、塗装面まで侵食してしまうこともあります。

イオンデポジットの落とし方

まず、軽度のイオンデポジットの落とし方についてご説明します。イオンデポジットは前述の通りボディ表面に付いたミネラル分の汚れであるため、こびりつく前なら通常の洗車で洗い流すことができます。

洗車で落ちないようなしつこいイオンデポジットの場合は、市販のイオンデポジット専用クリーナーを使うことでより完全に落とすことができます。一度の処理で落とせなくても、数回繰り返せばきれいになる場合もあるので、何度かチャレンジしてください。

なお、長期間堆積してしまい塗装面まで侵食してしまったイオンデポジットは洗車で落としきることは不可能です。自力で解決しようとせず、塗装専門店などに相談するのが良いでしょう。

ウォータースポットの発生原因と落とし方

ウォータースポットの発生原因と落とし方

ウォータースポットが発生する原因

ウォータースポットとは、ボディについた水滴がレンズの働きをして日光の熱を集め、塗装面が焼けてしまうことが原因で発生します。

ただの汚れとは異なり直接塗装面が傷んだ状態であるため、通常のクリーニング剤や洗車では落ちないという特徴があります。

特に夏場に発生することが多く、雨上がりに急激に晴れて暑くなった際、ボンネットやルーフといった日光が直接当たる箇所に発生しやすくなります。

また洗車後に水分をしっかり拭きとらずそのままにしていた場合も、ウォータースポットとなることがあります。

ごくまれに強い酸性雨が降った場合などでも、雨に含まれる酸が直接塗装に侵食しウォータースポットとなるケースがあるようです。

ウォータースポットの落とし方

ウォータースポットは塗装面に傷がついている状態です。こすり傷などと同様、程度の軽いものであればコンパウンド入りのワックスなどで対処することができますが、基本的には板金塗装専門店などで研磨してもらう必要があります。

常にボディをピカピカに保っていくためには?

常にボディをピカピカに保っていくためには?

最後に、水垢やイオンデポジット、ウォータースポットなどを極力防止し、ボディを常にピカピカに保っておく方法をお教えします。

1)ガラスコーティングなど上質なコーティングを施す

自動車メーカーによっては新車購入時に○年保証などの上質なガラスコーティングを行ってくれることもあります。

また中古車などでも市販のコーティング剤を自分で施したり、サービスステーションなどで塗布してもらったりと、ボディを常にコーティングしておくことで、これらの汚れをある程度防ぐことが可能です。

ただし、コーティングも万能ではなく、2)や3)で説明する対処を怠ると汚れがついてしまいます。

2)こまめに洗車をする

2)こまめに洗車をする

雨の日にドライブをした場合、できるだけ早いうちに洗車しておきましょう。コーティングしてある場合は水洗い洗車でOKです。

また洗車後は水分をしっかりと拭きとってください。なお、通常のタオルはコーティング面を傷つけることがあるため、使用するタオルはマイクロファイバー製がおススメです。

一度でも塗装面を傷めてしまうような水垢が付着すると、かなり面倒なことになります。ボディ研磨も一部分だけであれば比較的安く済ませることができますが、ボディ全体となるとかなりの出費になってしまうため、普段からこまめに洗車することが大切です。

3)屋外駐車場を避ける

駐車場はできるだけ屋根付きの場所を確保するようにしましょう。 どうしても確保できない場合はボディカバーを利用するなど、極力風雨にさらされない状態にしておくことが肝心です。

ご紹介した水垢、イオンデポジット、ウォータースポットをはじめとする汚れは簡単に除去できるものから、専門業者に依頼しないと対応できないものまでいろいろあります。愛車の汚れがどういうものか、この記事を参考にしっかりと把握し、ベストな対応を心がけましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM180601-3

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り