閉じる

中古車に車両保険は必要?中古車の保険などの維持費

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

中古車に車両保険は必要?中古車の保険などの維持費

「新車に比べて、中古車のほうが値段が安い」という理由から中古車を購入しようと検討している方は多いでしょう。しかし、車は購入時だけでなく、所有する限り維持費がかかります。
そこで本記事では中古車にかかる維持費にはどのようなものがあるのか、また任意保険料に影響する車両保険の設定はどのようにしたらよいのかをご説明します。

中古車の維持費

中古車の維持費

車の維持費はローンでの購入かどうか、ガソリン代、駐車場代など人や走行条件などによって変化する要素はありますが、ここではどなたにも必要になってくる維持費をご紹介します。

自動車税 毎年4月1日時点の所有者にかかる税金で排気量によってその金額は変わります。新規登録から13年以上経過している中古車は自動車税がアップしますので、注意が必要です。
車検代 車が一定水準の安全性を確保しているかを検査するもの。車検時には自動車重量税、自賠責保険料も支払います。自動車重量税も新規登録から13年以上経過している中古車は税金がアップします。
任意保険料 義務ではありませんが、車を運転するなら必ず加入しておきたいものです。
中古車の場合、車両保険の設定で任意保険料を節約することが可能です。

中古車は購入時の出費を抑えることはできますが、維持費は新車と同様にかかります。そこで中古車の維持費を考える際に検討したい車両保険についてご説明しましょう。

車両保険のしくみ

車両保険のしくみ

車両保険とは、所有する車が事故による損害を受けたときに支払われる保険のことです。他の車(原動機付き自転車を含む)との衝突・接触だけでなく、電柱やガードレールといった車以外の物との衝突・接触でも保険金を受け取ることができます。

ただし、車両保険の補償額には設定できる上限金額がある点に注意が必要です。保険会社がそれぞれに設けている「自動車保険車両標準価格表」によって補償金額の範囲が決められており、「車種」「グレード」「型式」「年式」に応じて「50万~100万円」「120万~150万円」といった保険金額の範囲内から5万円刻みで設定することになります。

  • 形式 例:ABC001 初度登録年月 例:平成26年10月
  • 車両保険金額の範囲 例:120〜150万円 ※5万円単位で選べます = 事故時に車両保険で支払われる保険金の上限額

一旦設定した補償金額は、契約期間中は変わりませんが、契約を更新する際には、その契約時点の車の時価を基準にあらためて設定することになります。そのため、車の年式が古くなるほどに、車両保険に設定できる補償金額の上限は下がってくるのです。

中古車の場合は十分な補償金額を設定できないこともある

こうしたしくみのため、中古車の場合は、修理費や買い換え費用として十分な補償金額を設定できない可能性があります。新車であれば購入してから3年目までは購入金額に近い補償を受けることができますが、10年落ちの車では補償金額の上限が数万円単位になる場合もあります。

また、車両保険の多くは「免責金額(自己負担額)」を設定するということも覚えておきましょう。実際に支払われる保険金は、保険金から免責金額(自己負担額)を差し引いた金額となります。車両保険をつけるときは、補償額だけでなく免責金額の設定にも注意してください。

保険会社によっては、免責金額をゼロ円(自己負担額なし)にする特約もありますので、必要に応じて特約の付帯も検討してみましょう。

車両保険で補償される範囲

車両保険で補償される範囲

車両保険で補償される範囲は、契約によって変わります。火災や盗難、他の車との衝突、電柱への衝突、落書きやいたずらまで、車両の修理や買い替えが必要となるケースはさまざまです。

車両保険は「一般型」と「限定型」で補償範囲が異なる

一般的に、保険会社が扱っている車両保険は、車両事故のほとんどが補償の対象となる「一般型」と、補償内容を限定する代わりに保険料が割安となる「限定型」があります。

一般型の場合、戦争や地震、噴火などの特殊な状況や、無免許運転や酒気帯び運転のように運転者に重大な責任がある場合を除いては、ほとんどのケースで車両の損害が補償対象になります。

一方、限定型にすると、相手のいない単独事故や車庫入れの失敗による損傷は補償されないなど、補償の対象外となるケースが増えます。どこまで補償されるかは保険会社によって異なるため、本当に必要な補償内容が備わっているのか、しっかり確認しておきましょう。

チューリッヒでは一般型である「ワイドカバー型」、限定型の「限定カバー型」をご用意しています。

主な事故の種類 ワイドカバー型 限定カバー型
火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮
他の車(原動機付自転車を含む)との衝突・接触 相手自動車およびその運転者または所有者が確認された場合
相手自動車およびその運転者または所有者が不明の場合(あて逃げなど) ×
車以外の物との衝突・接触(電柱やブロック塀に自分でぶつけた場合など) ×
落書き、いたずら、窓ガラス破損

一般型と限定型のどちらにするかを決めたら、次に考えたいのが「特約」です。たとえば、「地震等による車両全損一時金特約」をつけると、一般タイプの車両保険でも補償対象外となる地震や噴火、津波による損害に対しても補償を受けることができます。

従来、地震などによる車両損害については、自動車保険で補償されることはありませんでした。しかし、東日本大震災以降、特約により災害時の補償をする保険会社が増えています。もしこうした災害に不安を感じるのであれば、検討してみてください。

また、車内やトランクに積んでいた身の回り品の損害も車両保険の対象とする「車内身の回り品特約」というものもあります。日頃から車内やトランクに、ゴルフバッグやカメラといった貴重品を置く人は、付帯しておくと安心かもしれません。

中古車の場合と新車の場合の注意点

中古車の場合と新車の場合の注意点

自動車保険でもっとも重要視されるのは、他人の生命や物に対する補償であることを考えると、自分の車に対する補償である車両保険には、それほど必要性を感じない人も少なくないかもしれません。

そこで、ここからは新車と中古車のケースそれぞれで、車両保険を検討するときに考えておきたいポイントを解説したいと思います。

新車の車両保険

ローンを組んで新車を買った人は、車両保険の必要性が高まります。ローン返済中に大きな事故を起こすと、ローン返済に加えて多額の修理費が必要となるからです。車が走行不能になるほどの損害を受けたり、盗難被害にあったりした場合、車を買い替えることになり、残ったローンと買い替え費用が二重に発生することも考えられます。そうしたとき、車両保険の保険金を受け取ることができれば、経済的に大きな助けになるでしょう。

また、ローンを組んでいなくても、免許を取り立ての方や、運転に自信がない方は、車両保険をつけておくと安心です。車の修理費は、バンパーの小さな線キズでも最低20,000円程度かかりますし、バンパー交換ともなると、数十万円単位の修理費が必要となってしまうからです。この場合、自損事故も対象になる一般タイプの車両保険をつけておくと良いでしょう。

自損事故は、車両保険を付帯していなければ補償されません。たとえば物の損害に対する補償として「対物賠償保険」がありますが、対物賠償保険は他人の所有物が対象となるため、自分の車の損害には使えないのです。

中古車の車両保険

中古車の場合は、補償金額の上限が低くなっているため、そもそも車両保険を付けないという人も少なくありません。しかし、中古車であっても損害を受ければ当然修理費用はかかりますし、買い替えが必要になる可能性もあります。

そうした場合に備えて、中古車の場合は上限いっぱいに車両保険をつけておくのも手です。ただし、前述のとおり中古車は新車ほど車両保険の補償額を高く設定できませんから、車両保険とは別に貯金をしておいて、いざというときに備えておくといいでしょう。

車両保険の上手な使い方

車両保険の上手な使い方

車両保険を上手に利用するためには、設定上限金額だけでなく、必要な補償内容、各自の「貯蓄状況」も踏まえて考えるようにしましょう。

車に損害があっても自分の貯金で十分に支払えるという場合は、車両保険を付ける必要性は小さくなります。逆に、車のローンが残っていたり、貯金が不十分だったりする場合は、車両保険の必要性は高まります。日常的な仕事や生活に車を使っていて、「車がなくては困る」という人も、やはり車両保険で備えておくと安心です。

もし車両保険をつけるのであれば、割引サービスも積極的に利用しましょう。保険会社の多くは「新車割引」により車両保険の保険料が割り引かれます。ちなみに、ここでいう新車とは、初度登録後(初度登録年月の翌月から起算)から一定期間(多くは25ヵ月)以内の車を指します。

車の状況を把握し、各自の家計状況も踏まえて車両保険の付帯を検討することがポイントです。自動車保険の見直しをするときには、車両保険の設定が適切かどうか見直してみましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190410-30

「車両保険」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り