自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

コードグラバーとは。スマートキーの電波遮断などの対策は有効?

コードグラバーとは。スマートキーの電波遮断などの対策は有効?

最近の車はキーフリーシステムが主流で、ドアのロックからアンロック、エンジン始動までがスマートキーで簡単にできます。キーフリーシステムはセキュリティーが優れていると思われていますが、技術が進歩するに伴い新たな盗難被害も出ています。そのひとつが「コードグラバー」という機器を使った車の窃盗です。
そこで本記事では、スマートキーの特性を悪用したコードグラバー、リレーアタックという車の盗難手口とスマートキーの電波遮断などによる対策法について解説します。

コードグラバーによる新たな車両窃盗とは?

コードグラバーによる新たな車両窃盗とは?

コードグラバーとは

そもそもコードグラバーとはスマートキーのスペアをつくる機器のことです。

スマートキーからは常に微弱な電波が出ています。コードグラバーはこの電波を自動的に読み込み、スマートキーのIDコードをコピーします。こうすることでスマートキーのスペアキーとして有効になり、スマートキーを紛失した場合などにキー代わりとして機能するのです。

コードグラバーはこのように緊急時のための装置でしたが、近年、スマートキーのIDコードを自動的に読み取るというコードグラバーの特徴を悪用して、車両窃盗に利用するケースが発生しているのです。

コードグラバーによる窃盗手口

ではコードグラバーによる窃盗の手口はどんなものでしょうか。

たとえばドライバーが車を降りてドアを閉めたときに、近くまたは遠くにいる犯人がコードグラバーを使ってドライバーが持つスマートキーのIDコードを読み取ります。

コードグラバーはスマートキーのIDコードを読み取ると、アンロックコードまでも解読し、ドアの解錠からエンジン始動までが行えるようになります。IDコードが一致すればイモビライザーなどの車内外の盗難防止装置も作動しません。

ドライバーが車から遠くに離れたすきに、犯人はコードグラバーをスマートキー代わりに用いてドアを開け、エンジンをかけ、車を発進させるのです。

このように、コードグラバーを利用すればいとも簡単に車を盗むことが可能になってしまうのです。

さらにコードグラバーは100メートル範囲内(機器によっては500メートル)の、スマートキーのIDコードのコピーが可能です。そのため犯人は車の所有者から遠く離れたところからでも犯行を行うことができるのです。

リレーアタックにも要注意

リレーアタックにも要注意

コードグラバーの他に、スマートキーから出る弱電波を悪用した窃盗犯罪にはリレーアタックという手口も知られています。

リレーアタックの犯行の手口も確認しておきましょう。

リレーアタックにも要注意
  1. 車から離れた車の持ち主(被害者)に犯行グループの一人が近づき、特殊装置でスマートキーの電波を受信します。
  2. 受信した電波を増幅させて犯行グループのほかのメンバーにリレー形式で送信し、車の近くにいる窃盗役まで送ります。
  3. 車の近くにいる窃盗役がスマートキーの電波を受信したら車のドアを解錠し、エンジンを始動させ車を盗みます。
  4. 車を盗んだ後は別の機器で正規のスマートキー以外でもエンジンが始動するようにします。

コードグラバーによる車の窃盗は一人でも可能なのに対してリレーアタックは複数人がグループとなって犯行を行うという特徴を持つので、車を駐車した後周辺に不審な人物がいないか十分に注意してください。

リレーアタックについてはこちらの記事でもご紹介しています。

コードグラバーなどによる車の盗難防止策

コードグラバーなどによる車の盗難防止策

盗難は高級車がターゲット

日本損害保険協会の2018年「第20回自動車盗難事故実態調査結果」の盗難車ランキングによれば、1位がレクサスで以下、プリウス、ランドクルーザーと比較的高級車が上位になっています。最近の車はセキュリティーシステムが装備されており、特に高級車であればセキュリティーシステムが充実しているので安心と思われがちです。

しかしコードグラバーの場合は運転手が自動車のロックをかける際などに、コードを読みとって記憶し、スペアキー化してしまうので、高級車であっても簡単に盗まれることがあるのです。
車の技術革新とともに、車の窃盗手口も進化し、まさにいたちごっこの状態です。

ではコードグラバー、リレーアタックなどスマートキーの特性を悪用した車の盗難を防ぐにはどのようにしたらよいのでしょうか。

スマートキーの電波遮断、コードグラバーでは?

スマートキーの電波遮断、コードグラバーでは?

リレーアタックによる車の窃盗はスマートキーから出る電波を利用しています。スマートキーの電波遮断キーケースやポーチにスマートキーを入れて、スマートキーから出る電波を遮断すると効果的といえます。また自宅でスマートキーを保管する場合は蓋つきの金属製の缶に入れてスマートキーからの電波を遮断するようにしましょう。

これは2013年以降にフルモデルチェンジされたトヨタの車種に限られますが(2019年5月現在)スマートキーを「節電モード」にすることで電波を遮断するという方法があります。
スマートキーの施錠ボタンを押しながら、開錠ボタンを2回押すと節電モードになり、電波を出さなくなります。スマートエントリーシステムは使用不能の状態になりますが、キーのいずれかのボタンを押せば節電状態は解除されます。帰宅したとき、家を出るときに節電モードをオン・オフする習慣をつけるといいでしょう。
スペアキーは、どこの家でも自宅に置いたままになることが多いと思われますが、節電モードにしておけば電波が遮断されるので、盗難リスクを下げられますし、電池が長持ちすることにもつながります。

一方スペアキー作りの機器であるコードグラバーは、コードを完璧に複製するため、電波遮断ポーチなどの簡易的な方法が通用しません。

ハンドルロック、タイヤロックをする

ハンドルロック、タイヤロックをする

最も効果的なのは駐車をするたびにハンドルロック、タイヤロックをすることです。視覚的にインパクトがあるため犯人もハンドルロック、タイヤロックをしている車を盗もうという気持ちに歯止めがかかります。

しかし駐車するたびにハンドルロック、タイヤロックする手間がかかるのが難点といえます。

GPSを設置する

万が一車が盗難にあったときのためにGPSを車内に設置しておくのもおすすめです。車の位置情報をパソコンなどで確認することができ、車を取り戻すことや、犯人逮捕に効果的です。

盗難も補償の対象となる自動車保険の加入もおすすめ

盗難も補償の対象となる自動車保険の加入もおすすめ

コードグラバーやリレーアタックによる車の窃盗は近年ますます巧妙になってきており、盗難防止策も完全とは言い切れません。このため誰もが車の盗難被害にあう可能性があるといえます。車の盗難も補償の対象となる自動車保険に加入し、万が一のときに備える必要もあります。

車の盗難補償は車両保険で

車が盗難にあった場合に補償される保険は車両保険です。車両保険は自動車保険のオプション補償のひとつで、他の車と接触したり、自損事故や自然災害などで車が傷ついたりした場合に保険金が受け取れる他、車が盗難にあった場合も補償対象になります。

車両保険には車両事故のほとんどがカバーされるワイドカバー型と、補償内容が限定され保険料も安くなる限定カバー型の2つがあります。

たとえばチューリッヒ車両保険ではワイドカバー型、限定カバー型どちらも盗難が補償されます。ただし、カギをかけずに車から離れてしまったなど重大な過失があった場合は補償されません。

主な事故例 ワイドカバー型(一般条件) 限定カバー型
台風・竜巻・洪水・高潮
火災・爆発
飛来物・落下物の接触※1
盗難
いたずら※2・落書き・窓ガラスの破損
他の車※3との接触で相手がわかる場合
他の車※3との接触で相手がわからない場合(当て逃げ) ×
車以外の物・動物・人との接触 ×
自転車との接触 ×
墜落・転覆 ×
地震、噴火、それらによる津波 ×※4 ×

※1 雹(ひょう)や霰(あられ)などによる自然災害を含みます。

※2 ご契約のお車の運行中の損害や、他の自動車との衝突・接触による損害を除きます。

※3 他の車は二輪自動車および原付自転車を含みます。

※4 「地震等による車両全損一時金特約」を付帯いただくと、「全損」となった場合に一時金をお支払いします。ワイドカバー型(一般条件)に付帯いただけます。

自動車の盗難には複数の防止策を組み合わせましょう

自動車の盗難には複数の防止策を組み合わせましょう

ご説明したとおり、スマートキーから出る微弱な電波を悪用するなど車両窃盗の手口は日々進化しています。電子系の装置はコードを解析されてしまえば、無力です。

ご紹介したスマートキーの電波遮断や、ハンドルロック、タイヤロックなどの物理的な対策と、車両保険に加入するなど複数の対策を組み合わせて備えることをおすすめします。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

A-240118-06

「車のトラブル」の記事一覧

「車のトラブル」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り