閉じる

外資系損保と国内損保の自動車保険の違い

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
外資系損保会社と国内損保会社では事故対応に違いはある?

保険業法が1995年に改正されて以降、国内に外資系の保険会社が続々と参入しました。保険の仕組みが異なる海外の会社だと日本での対応があまり良くないのでは、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際のところはどうなのか、こちらで詳しくご案内いたします。

外資系損保会社の自動車保険とは

外資系損保会社の自動車保険は、「通販型(ダイレクト型)」の商品販売を主としているのが一般的です。通販型とは、特定の店舗を有しておらず、保険に関するやり取りをすべてインターネットや電話などで行う販売形式のことをさします。日本で初めて通販型自動車保険を販売した会社が外資系損保会社であり、「外資系=通販型」という認識が人々に根付いたのです。

外資系損保会社の自動車保険の特長として、やり取りに関してインターネットや電話などを介して行うことで、人件費をはじめとしたコストを削減し、合理的な保険料を実現していることが挙げられます。店舗を有していないために維持費がかからないうえ、お客様との直接取引なので代理店に支払う手数料がかかることもありません。

ただし、通販型自動車保険を販売するのが外資系損保会社だけでなく、むしろ国内損保会社のほうが多い状況にあるといわれています。通販型だとしても、すべて外資系損保会社ではないということはあらかじめ理解しておきましょう。

外資系損保会社と国内損保会社に違いはあるのか

外資系損保会社と国内損保会社を比較すると、保険会社としての企業への信頼性や事故対応に関して、外資系損保会社のほうにネガティブな印象をもたれる方もいらっしゃるようですが、基本的には大きな違いはありません。
国内で保険に関する商品を販売する際には、保険業法に基づき、内閣総理大臣の免許を受けた者でなければ行うことができません。そのため、保険を取り扱う外資系損保会社は法律に則って営業をしていることになり、国内損保会社と同様に十分に信頼できる会社と認識いただいて問題ありません。もちろん、手続きなどの対応も日本人が担当していますので、書類は日本語ですし、問合わせの会話も日本語になります。

契約内容についても同様です。国内損保会社から等級を引き継げますし、ご自身が必要とする補償や特約を選ぶことができます。必要のない補償や特約は付帯しないという方法で、保険料を節約することも可能であり、自分に合った補償内容を設計することができます。

外資系損保会社の自動車保険でも事故対応は安心

外資系損保会社の自動車保険でも事故対応は安心

事故対応に関しても、外資系損保会社の自動車保険のサポート内容は国内損保会社と変わらず充実しています。各種保険会社のウェブサイトに、それぞれが提供するサービス内容の詳細が掲載されています。

外資系の自動車保険会社であるチューリッヒの場合は、安心の事故対応として「SMART SOLUTION SERVICE(スマート・ソリューション・サービス)
」を提供しています。事故発生のご連絡をいただいてから損害サービスセンターへの問合わせ、そして保険金の支払いまでをサポートするワンストップサービスです。

チューリッヒは、事故解決に至るまでの過程を一括して対応できる「Z-TRUSTシステム」を導入し、スムーズで確実性のあるサポート体制を作り上げています。問合わせがあった際に、専任担当者が不在であっても、契約者情報をもとに別の担当者が代わって的確な対応を行います。

また曜日を問わず0:00〜20:00までに事故受付が完了した場合(初期対応に必要な情報を確認できる状態での受付)には、その日のうちに事故対応が可能な「緊急ケアサポート」や、インターネット、電話でのやり取りが不安な場合に、専門スタッフがお客様のご自宅を訪問し事故解決までのアドバイスを行う「スタッフ訪問サポート」などの初期対応も充実しています。 お客様の負担をできるだけ軽減できるよう、最善を尽くしたサポート体制を整えています。

事故対応以外のサービスにも注目

日常的に車を運転していると、バッテリーが上がってしまったり、タイヤがパンクしてしまったりなど、突然のトラブルに悩まされることがあります。そこで頼りとなるのが、現場に急行してくれる「ロードサービス」です。外資系の保険会社でも、国内損保会社と同様に手厚い補償を提供しています。

たとえば、チューリッヒでは、365日24時間体制でお客様からの連絡に対応しており、いつどのようなトラブルに見舞われても即時にサポートすることができます。

・お客様の指定する修理工場までレッカー距離100キロ以内は無料
・応急処置であれば時間制限を設けずにすべて無料
・ご帰宅が困難な場合の宿泊費用は限度なし
・ペットホテルおよび交通費のサポート
など、充実したロードサービスが大きな魅力です。

またスムーズにサービスをご利用いただくために、お客様の携帯電話GPS機能を利用し、トラブルが起きた現場を即時に特定したのち、全国約9,500カ所ものサービス拠点から迅速に急行する「GPS緊急通報サービス」も提供しています。

外資系損保会社でも国内損保会社と変わらない充実のサポートが受けられる

このようにみていくと、外資系損保会社であっても、国内損保会社と変わらないサービスとサポートを受けられることがお分かりいただけるかと思います。

ちなみにチューリッヒは、世界最大級のサポートサービス業界のメンバーシップ団体であるHDIの日本支部HDI-Japanから、同団体が実施する格付け調査においてHDI格付けベンチマーク「Webサポート」と HDI格付けベンチマーク「問合わせ窓口」の項目で、最高評価の3つ星を受賞しました(2017年調査)。

国内はもちろん、世界的にも高い評価受けているチューリッヒは世界基準のサービスを提供しています。ご自身に最適な自動車保険を検討される際には、チューリッヒのウェブサイトも参考にしてください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「事故対応」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE