閉じる

高齢ドライバー事故の現状と対策、そして期待されるサポカーの技術

岡崎五朗の知ってトクする最新クルマ事情

今回は、社会問題化している高齢ドライバーによる事故について書いていこうと思います。まずは警視庁管区内で起こった高齢ドライバーが関与した交通事故の推移です。

高齢者が関与した交通事故発生状況(平成28年中)

高齢者が関与した交通事故発生状況(平成28年中)
出典:警視庁ウェブサイト「高齢運転者が関与した交通事故発生状況(平成28年中)」より加工

このグラフは、高齢ドライバーの事故について書かれた記事によく使われているもので、明らかな右肩上がりぶりを見たら「高齢ドライバーの事故は増えているんだな」とか、「やっぱりお年寄りの運転は危ないよね」と思う人が多いでしょう。

加えて、繰り返し報道される高齢ドライバーが起こした悲惨な事故のニュースを観たり聞いたり読んだりしていると、高齢者がクルマを運転することに否定的になってしまっても仕方ありません。

高齢ドライバーがすべて危ないというのは本当なのか?

しかし、高齢ドライバーの事故は本当に増えているのでしょうか?たとえば高齢者の事故増加という「事実」についてですが、それは高齢者の運転が危ないからではなく、日本の高齢化に伴い高齢ドライバーが増えた結果なのではないか?と疑ってみることも必要でしょう。

別の資料を見ると興味深い事実が浮かび上がってきます。第一当事者(原因をつくったドライバー)の年齢層別事故件数の推移です。このデータは10万人あたりの死亡事故件数を扱っているので、年齢構成の変化を回避し、年齢別の事故の起こしやすさがわかります。

データによると、トップは13.5人/10万人で16〜19歳。次にくるのが12.2人で80歳以上。70〜79歳は5.4人で20〜29歳(4.8人)と大差ありません。60〜69歳にいたってはわずか3.7人です。また、年別推移を見ても、高齢ドライバーが関与した事故が目に見えて増えているわけではありません。むしろ他のすべての年齢層同様、緩やかな減少傾向にあります。

自動車又は原動機付自転車運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故件数の推移

自動車又は原動機付自転車運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故件数の推移
出典:警視庁ウェブサイト「高齢運転者が関与した交通事故発生状況(平成28年中)」より加工
18年 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28年
16〜19歳 21.1 20.8 20.4 19.7 15.5 16.9 15.0 16.9 13.8 14.4 13.5
20〜29歳 9.4 8.5 7.6 7.1 6.4 6.7 6.1 5.9 5.4 5.4 4.8
30〜39歳 6.1 5.6 4.8 4.4 4.7 4.2 4.0 3.5 3.4 3.3 3.2
40〜49歳 5.1 4.9 4.4 4.3 4.5 4.2 3.9 3.9 3.7 3.3 3.5
50〜59歳 5.9 5.6 4.6 4.6 4.5 4.1 3.9 3.6 3.8 3.9 3.5
60〜69歳 6.5 5.1 4.8 4.5 4.8 4.5 4.1 4.3 3.8 3.8 3.7
70〜79歳 11.0 9.4 9.1 8.3 7.7 6.6 6.4 6.5 5.6 5.6 5.4
80歳以上 20.3 20.9 16.8 15.2 18.2 15.6 15.1 14.7 14.7 13.3 12.2
65歳以上(再掲) 9.9 8.5 8.2 7.3 7.4 6.8 6.4 6.4 5.8 5.8 5.5

出典:警視庁ウェブサイト「平成29年交通安全白書」より加工

ここからわかるのは、高齢ドライバーがすべて危ないというのは間違いだということです。もちろん個人差はありますが、データから推測すれば75歳(後期高齢者)を超えると要注意、80歳を超えると危険(それでも10代より事故率は低い)と判断していいでしょう。

果たしてお年寄りから免許を取り上げるのは正義なのか? 果たしてお年寄りから免許を取り上げるのは正義なのか?

公共交通機関が発達した都会ならともかく、地方に住んでいるお年寄りにとって、クルマは生活に欠かせない足です。食料品を買いに行くにも、病院に行くにも、クルマがなくてはならないお年寄りはたくさんいます。そんな状況のなか、果たしてお年寄りから免許を取り上げるのは正義なのでしょうか。僕にはそうは思えないのです。

もちろん、今後、後期高齢ドライバーはどんどん増えていくわけで、何らかの対策をしなければならないのは間違いありません。事実、路上で危険な高齢ドライバーを見かけることも少なくありません。しかしその対策は運転能力のきちんとしたチェックや安全技術の進化、高齢者の移動を助けるタクシー補助金、公共交通機関の整備、あるいは時間はまだかかりますが自動運転タクシーなどによって講じられるべきであると思うのです。

そこで最近注目されているのが、自動ブレーキや、ペダルの踏み間違いによる誤発進防止機能、クルマの周囲を映し出すカメラといった先進安全装備を搭載したクルマです。とはいえ、その前にもっと基本的なことから書いていきましょう。

高齢ドライバーは「身体機能の衰え」を自覚し、意識してカバーすることが大事

ドライバーの高齢化問題を考えるとき、まず注目しなければならないのは身体機能の衰えです。僕は51歳ですが、最近、夜間視力が弱ってきたなと感じることがあります。その他、周辺視力や動体視力、反応時間も加齢に従って低下してきます。高齢ドライバーはまずそこを自覚して、衰えをカバーするよう心がけることがなによりも大切です。

たとえば視力に合った新しい眼鏡を使うのも大切ですし、集中力や反応の衰えを補うため、常に意識して周囲に注意を払うことも大切です。発進するとき、四つ角を曲がるとき、ブレーキを踏むとき、レーンチェンジをするときなど、必ず「意識して周囲の状況にしっかり目を配る習慣を身につける」ということです。

高齢ドライバーは常に意識して周囲に注意を払うことが大切 高齢ドライバーは常に意識して周囲に注意を払うことが大切

高齢ドライバーが自己防衛力を高めるためには、クルマの選び方もポイントになります。条件を挙げると、前後左右とも視界がよく、回転半径が小さくて狭い場所での取り回しがしやすく、エンジンは実用域の性能に優れ、ハンドリングは素直で穏やかで、メーター類も見やすく、ドライビングポジションが自然で、乗り降りしやすい…といったことになるでしょう。要は、身体機能の衰えをできるだけカバーしてくれ、かつゆったりした気持ちで運転できるクルマがオススメだということです。

自動ブレーキや誤発進防止機能(ペダル踏み間違い防止)、カメラといった文明の利器が次々に開発されているのに、なぜ上記のようなことを書くのか。それには理由があります。

高齢者に優しいクルマは、誰にでも好まれるクルマになりうる

昨年、ある自動車メーカーが開催した高齢者の安全対策安全技術体験会で、最初に紹介されたのが「正しいドライビングポジション」でした。最初はピンとこなかったのですが、写真のような「高齢者疑似体験セット」を装着してみると、いつもと感覚がまったく変わってしまう。

筋肉の衰えや関節の硬さ、視野の狭さなどを体感するための砂袋やサポーター、厚底靴、小さな穴の空いたアイマスクをかけて乗り込むと、適切な位置にステアリングとペダルがあり、また視界がいいことの恩恵がはっきりとわかったのです。とくに身体を左に捻って後方を見ながらバックする際、膝と足首の関節が硬いとアクセルとブレーキの踏み替えが上手くいかないため、踏み間違いのリスクを強く感じました。

「高齢者疑似体験セット」を装着し運転を体験 「高齢者疑似体験セット」を装着し運転を体験

このメーカーによると、ペダル類の位置などを見直したことで、ペダル踏み間違い事故を大幅に減らすことができたそうです。ちなみに、これも報道のミスリードなのですが、ペダルの踏み間違い事故は高齢者だけが突出して多いわけではありません。むしろ29歳以下の事故数が70歳以上の事故数を上回っています。

高齢者ドライバーのハンディを積極的にカバーするようなクルマを開発することは、メーカーに与えられた責任ですが、高齢者に優しいクルマは、基本的に「人間に優しいクルマ」であり、誰にでも好まれるクルマと言っていいでしょう。

政府が普及に取り組んでいる「サポカー(安全運転サポート車)」とは?

先進安全装備は、そんな基本を抑えたうえで、役に立つアイテムです。最近では各社が競うように安全機能を搭載してきていますが、機能名がまちまちだったり、機能にも微妙な差があったりするなど、ユーザーにとってはわかりにくい状況が生まれてきています。

そこで政府はユーザーにわかりやすいよう「サポカー(安全サポート車)」という愛称を付け、普及に取り組んでいます。

「サポカー/サポカーS」とは

サポカー/サポカーSとは 「セーフティ・サポートカー(サポカー)」とは自動ブレーキを搭載した、すべての運転者に推奨する自動車。 サポカー/サポカーSとは 「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」とは自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載した、特に高齢運転者に推奨する自動車。

出典:経済産業省「サポカー/サポカーSのウェブサイト」より抜粋

「サポカー/サポカーS」の技術

技術 機能 詳細
ぶつからない技術 自動ブレーキ(対車両・対歩行者) 車載のレーダーやカメラにより前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合には、運転者に対して警報を鳴らします。さらに衝突の可能性が高い場合には、自動でブレーキを作動します。
飛び出さない技術 ペダル踏み間違い時加速抑制装置 停止時や低速走行時に、車載のレーダー、カメラ、ソナーが前方や後方の壁や車両を検知している状態でアクセルを踏み込んだ場合には、エンジン出力を抑えるなどにより、急加速を防止します。
はみ出さない技術 車線逸脱警報 車載のカメラにより道路上の車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合には、運転者に対して警報を鳴らします。
ヘッドライト自動切り替え技術 先進ライト ●自動切替型前照灯
前方の先行車や対向車などを検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えます。
●自動防眩型前照灯
前方の先行車や対向車などを検知し、ハイビームの照射範囲のうち当該車両のエリアのみを部分的に減光します。
●配光可変型前照灯
ハンドルや方向指示器などの運転者操作に応じ、水平方向の照射範囲を自動的に制御します。

出典:経済産業省「サポカー/サポカーSのウェブサイト」より抜粋

サポカーには、自動ブレーキのみを搭載した「サポカー」と、自動ブレーキに加えペダル踏み間違い防止装置を搭載した「サポカーS」の2種類があり、当然、サポカーSのほうが安全性は高まります。加えて、サポカーSよりもさらに高度な先進安全装備を搭載したモデルもいまでは多く販売されています。

大きく分けると、高速道路でも使えるのかどうか、歩行者も検知するのかどうかがポイントになります。ただし高度な先進安全装備は価格が高くなるので、クルマを選ぶ際には販売店できちんとした説明を受け、納得したうえで購入することをオススメします。

※ 本記事は著者個人の見解・意見によるものです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM180406-1

「岡崎五朗」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE