閉じる

ハイビーム(ヘッドライト)の正しい使い方

竹岡圭の” やさしい ”ドライビング入門

ハイビーム(ヘッドライト)の正しい使い方

Vol.04 ハイビーム(ヘッドライト)の正しい使い方

クルマを運転するうえで、いちばん大切といってもいいのが視界の確保。十分な視界を確保するために、ヘッドライトを上手に使いましょう。

ハイビームは「通常走行」用、ロービームは「すれ違い」用

「ヘッドライトはハイビームが基本」って、ご存じでしたか? 道路運送車両法などでも、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」とされており、照射距離はロービームが前方40m、ハイビームが前方100mを照らすことができるもの、と定められています。
つまり、対向車や先行車、あるいは歩行者などをハイビームの光で眩惑させないように、すれ違い用のライトとしてロービームが設けられているのであって、通常走行はハイビームと法律で決められているのです。

基本はハイビーム、対向車や先行車がいるときはロービーム

基本はハイビーム、対向車や先行車がいるときはロービーム

とはいえ狭い日本、深夜や峠道など特定のシチュエーションは別として、対向車や先行車や歩行者がまったくいない!というシーンは、なかなかありません。なので、通常ハイビームで走行してしまうと、必ず切り替えを忘れる方が現れ、はた迷惑だ〜!ということで、まるでロービームが基本かのごとくいわれている…というのが現状でしょう。

ヘッドライトの基本操作

ここで、あらためてヘッドライトのスイッチをおさらいしてみましょう

多くの車では「①OFF(消灯)→②ポジションランプ(車幅灯・スモールランプ)→③ロービーム→」となっていますよね。

ヘッドライトのスイッチの説明

④ウィンカーレバーを奥へ倒すとハイビームが点灯します。
⑤手前に引くと「パッシング」と呼ばれる行為になり、主に対向車への意思表示や、注意を促す用途で使われています。走行中、道のゆずり合いの場面でもないのに他の車が自分に向ってパッシングしてくるようなら、ライトのつけ忘れや消し忘れ、トランクが開いているなどを疑ってみてくださいね。

ハイビーム消し忘れ防止の救世主!最新鋭ヘッドライト

ヘッドライトのオート機能

最近はこの基本機能に加えて「AUTO(オート)」という機能がついているものが増えてきました。

上で説明した通り、ロービームとハイビームでは照らしてくれる明るさや範囲がまったく違います。クルマを運転するにあたり「視界確保」は最重要項目のひとつですから、こまめな切り替えが必要ですし、つけ忘れや消し忘れはもってのほか。うっかりは他車の迷惑というわけで、これを何とか解決しようと、救世主の最新鋭ヘッドライトというのが登場したのです。当初は高級車のみの装備でしたが、あっという間にベーシックなコンパクトカーにまで搭載されてきたというのは、ある意味スゴイことですよね。

「おお!これかこれか!」といって早速AUTOにセットするのは、ちょっと早いですよ。実はこの機能には2つの種類があるんです。

1)通常のオートライト

ひとつめは、周囲の明るさをセンサーで感知し、暗くなったら自動的にヘッドライトを点灯してくれるもの。この場合は、ロービームが点灯します。いまは「オートライト」というと、こちらを指すことがほとんどです。また、エンジンを切るとライトも自動的に消灯するので、ライトの消し忘れの心配もありません。

通常のオートライト

暗くなったら自動で点灯

2)オートマチックハイビーム

今回注目していただきたいのは、ふたつめの、ハイビームとロービームを自動的に切り替えてくれるタイプです。単純に点灯してくれるものと区別するために、オートマチックハイビームとか、ハイビームアシストなどと呼ばれています。こちらは、先行車や対向車、歩行者を検知すると、ハイビームからロービームに自動的に切り替えてくれて、また前方に車や歩行者がいなくなったらハイビームへと戻してくれるという優れものなんです。

オートマチックハイビーム

さらに上級システムになると、基本はハイビームのまま、先行車や対向車や歩行者がいる部分だけをロービームにするという、アダプティブタイプのものや、高速走行時にLEDヘッドライトのロービームの約2倍に相当する、最長600 mまでの距離を照射してくれて、とにかく明るさを確保するものなど、さまざまな種類があります。

とにもかくにも、周りの交通への配慮を十分にしながら、ヘッドライトの基本はハイビーム。そして夕方早めのヘッドライトの点灯を心掛けるようにしましょう。

そして最後に…。薄暗い山道などでは、昼間でもヘッドライトの点灯は有効です。これは周囲に自分の存在を知らせるためのヘッドライト。視界確保以外のヘッドライトの使い方として覚えておいてくださいね。

※ 本記事は著者個人の見解・意見によるものです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170905-1

「竹岡圭」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE