閉じる

車のサイドミラーやピラーの死角、事故防止のための死角対策

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車のサイドミラーやピラーの死角、事故防止のための死角対策

安全運転を自負するドライバーであっても注意しなければならないのが「死角」の存在です。「死角」に人や対向車が入ってしまうと、運転者はその存在に気がつくことができなくなってしまいます。人間は視界に対象物を認識できないと危険を察知しづらくなり、事故リスクが高まります。つまり「見えていない」ということが、事故の大きな原因だといえるのです。

どんな車でも運転席に座った状態で目視したときに見えない部分があります。
今回は、運転席からの死角にはどんな種類があるのか、死角による事故を防ぐにはどんな対策が考えられるのかご紹介します。

車の死角とは?

車の死角とは?

死角とは、「特定の場所からはどうしても見えない位置」を意味する言葉です。車に関していえば、一般的に運転席に座って目視したときに見えない部分を「死角」と呼びます。

運転中に注意すべき死角の種類

運転中、注意するべき死角は主に以下の3種類です。

①車体による死角
車には窓があり外を見ることができますが、運転席に座っていると車のボディが邪魔をして見えない範囲があります。

②障害物による死角
対向車や前方・後続車、周囲の建築物などによって生じる死角のことです。

③方向転換に伴って発生する死角
交差点やカーブなど、進行方向が変化するとそれに伴って死角の位置も変化します。

車体による死角を中心に、運転中に注意すべき「死角」についてご説明します。

車体による死角

車体による死角はさらに3つに分けることができます。

車両前方・後方の死角

車体による死角

「車両前方・後方の死角」でよくあるのが、「周囲にしゃがんでいた子どもに気づかないまま発進させてしまう事故」です。車は運転席に座って、窓から下の外側が死角になります。ですから、車高が高ければ高いほど、死角の範囲が広くなり、ミラーにも映らない部分が多くなるので注意してください。

ピラー(車の窓柱)による死角

ピラー(車の窓柱)による死角

「ピラー」とは、自動車の窓枠から伸びている柱のことで天井を支えています。写真はフロントガラス左右にあるピラー(Aピラー)の右部分ですが、その他に運転席・助手席のドアと後部座席の間(Bピラー)、後部座席のドアとリア・サイドガラスの間(Cピラー)、と大抵前後左右で6 本存在しています。さらにステーションワゴンやミニバンではリアガラスとバックドアガラスの間(Dピラー)があります。

ひとつひとつのピラーはそれほど太くないので、「死角はそれほどないのでは?」と思われる方もいるでしょう。しかし、運転席からピラーまでの距離は近いので、案外視界を遮る範囲は広く、決して軽視することはできません。

ピラーの太さは車種によって異なっており、細ければ細いほど死角も小さくなると考えてください。最近は一部のピラー(Bピラー)を廃したピラーレス車もありますが、一定の広さを持った窓枠自体は存在しているため、ピラーレスでも死角がなくなるわけではありません。

サイドミラー・バックミラーの死角

サイドミラー・バックミラーの死角

車には主に左右後方を見るサイドミラー、真後ろを見るバックミラーが付いていますが、それぞれに死角が存在します。基本的にミラーに映っている方向でも「窓の高さよりも低い位置」は、死角になっていると考えていいでしょう

たとえば、サイドミラーを見ていても、窓・ミラーの高さより低い位置は見えません。また、サイドミラー・バックミラーともにミラー設置位置の真後ろしか見えないので、「ミラーの位置より外側の後方」は死角になります。

また、2車線、3車線の道路で車線変更を行うときは、「ミラーの死角から現れる車」に注意してください。すでに述べたように、サイドミラーとバックミラーは設置位置のほぼ真後ろしか見えないため、それよりも外側のレーンから同時に車線変更してくる車がいた場合、ミラーの死角となり気がつくことができません。高速道路など、片側3車線の道路で、左右どちらかのレーンから中央のレーンに車線変更する際は、反対側のレーンから同時に車線変更してくる車に注意が必要です。

障害物による死角

周辺車両による死角

前方車がいる場合は、その車の前が死角になります。後続車がいる場合は、その車の後ろが死角となります。また、2車線道路で並走する車や、対向車両によって隠れる位置も死角になるので注意してください。

建物などによる死角

周囲を住宅に囲まれた道路などでは、建物によって生まれる死角に注意してください。ほかにも、生け垣・庭木・看板などが障害物となりえます。「見通しが悪い道路」では、特に気をつけたほうがいいでしょう。

方向転換に伴って発生する死角

運転中、特に危険なのは右左折など方向転換を行うタイミングです。人やモノの運転席から見た位置が大きく変化するため、思わぬ場所が死角となり事故に繋がる恐れもあります。方向転換に伴って発生する死角は主に以下の3種類です。

左折時の死角

日本車の運転席は右側にあるので、左側のほうが死角となる範囲が右側よりも広くなります。特に交差点での左折時には、自分の車よりもさらに左側(歩道側)を移動する自転車や原付バイク、歩行者を巻き込まないよう注意してください。

2車線道路で交差点を通過するときは、自分が左折しないとしても油断はできません。たとえば、「自分は右側のレーンを直進し、左側のレーンを走る並走車両が交差点を左折する」というケースを考えてみてください。並走車両によって左側に大きな死角が生まれてしまうので、交差する道路の左側から飛び出しがあっても気がつかない可能性があります。

右折時の死角

右方向は、対向車によって死角が生じる恐れがあります。いわゆる「右直事故」では、右折時の対向車によってできた死角から飛び出してきた自転車や原付、バイクなどと衝突することが少なくありません。右折した先の横断歩道にいる歩行者へも注意を向けましょう。

カーブを走行中の死角

カーブを走行しているときは、常に死角の方向が変わり続けます。基本的に、カーブの先は常に死角です。常に対向車が飛び出してくるリスクを考慮したうえで安全に運転しなければなりません。特に、右ハンドルの車では左カーブのほうが、右カーブよりも死角が増えるため要注意です

死角による事故を防ぐための安全対策

死角による事故を防ぐための安全対策

死角が原因で交通事故が起きるのを予防するためには、対策として次のような方法が考えられます。

発進前の安全確認を入念に行う

車体による死角は下方向・自動車周辺に集中しているため、停車中の車両を発進させるときは周囲の安全確認が不可欠です。必ず乗車する前に目視で前後左右の安全をチェックするようにしましょう。合わせて車体の上下も見ておくとより万全です。駐車させている間に、猫が車の下で休んでいたり、車の上に荷物を載せたまま忘れて走り出してしまったりするのを予防できます。

さらに、発進直後はアクセルを踏まず、クリープ現象(MTの場合は半クラッチ)で進むようにすれば、低速で発進できるので万が一見落としがあったとしても事故の被害を軽減できるはずです。

異なる安全確認の方法を組み合わせて死角をカバーする

異なる方法を組み合わせて安全確認を行えば、それぞれの死角をカバーし合うことができます。たとえば、サイドミラーとバックミラーは元々目視の死角を補うために作られたものなので、ミラーだけで確認するのではなく目視と組み合わせるのが正しい確認の仕方だといえます。

自分では見えない位置の安全を助手席の同乗者に確認してもらうのも効果的です。見通しが悪い道路を走行するときは、一時的に同乗者をおろし、補助者として周囲の安全を確かめながら通過するという方法もあります。現在はサイドミラーの真横、外側の死角を補うブラインドサイドカメラ(ブラインドスポットモニター)といった機器も販売されているので、そうした機器を使用するのもいいでしょう。

周囲に自車の存在、行きたい方向をアピールする

死角を減らすのも大事ですが、「他人の死角に入らないようにアピールする」のも大切です。他車の死角に入ってしまわないように、あるいは死角に入りそうな車や通行者に注意をうながすために、自車の存在や進行方向をアピールすることも大切です。

たとえば右左折時には手前から早めにウインカーを出し、曲がりたい方向へ車両を寄せておくことで、他車へ自分の進行方向をアピールすることができます。また、片側2車線以上の道路を走行中に車線変更をする場合は、ハンドルを切る前から余裕を持ってウインカーを出しておくと、他車への注意喚起を促すことができます。一般的に「他車に道を譲る合図」としてよく使われているパッシングを活用するのも有効です。

この記事を通して、車の死角は非常に多く、それによって生じる危険も多岐にわたることがご理解いただけたと思います。死角による事故を防ぐ方法は、死角が生まれる原因を知り、正しい安全確認を行うことです。危険な事故を未然に防ぎ、安全な走行を心がけるためにも、常に死角の存在を意識した運転を心がけてください。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180524-1

「運転テクニック」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り