閉じる

点滅信号(赤色点滅信号・黄色点滅信号)の意味

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

夜間や交通量の少ない交差点で点滅信号(赤色点滅信号・黄色点滅信号)が運用されることがありますが、ルールを正しく理解している人は案外少ないようです。そのため点滅信号での出合い頭の事故も各地で多発しています。そこで本記事では点滅信号についてのルールを再確認します。

点滅信号(赤色点滅信号・黄色点滅信号)時の走行ルール

点滅信号については道路交通施行令による規定が存在しています。

〈赤色点滅信号のルール〉
信号の種類 信号の意味
赤色の灯火の点滅 一 歩行者は、他の交通に注意して進行することができること。
二 車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと。

道路交通法施行令第2条

赤色点滅信号のある場所では、自動車は停車線や信号機の前で必ず一時停止し、安全確認をしたうえで進まなくてはいけません。

赤色点滅信号の意味を「注意して徐行しながら進む」と勘違いしている人がいますが、車両は「一時停止」です。安全確認のための一時停止ですから、安全が確認できなければ当然発進してはいけません。

〈黄色点滅信号のルール〉
信号の種類 信号の意味
黄色の灯火の点滅 歩行者及び車両等は、他の交通に注意して進行することができること。

道路交通法施行令第2条

黄色点滅信号のある場所では、自動車は他の交通に注意して進むことができます。
法令上は赤色点滅と違って、黄色点滅では一時停止が義務付けられてはいません。しかしあくまでも他の自動車や人の存在に注意しながら通行する必要があります。危険とあれば一時停止や減速、徐行を必ずこころがけましょう。

点滅信号無視の罰則は?

点滅信号のルールは道路交通法施行令第2条で定められた法令ですが、法令を無視して通行した場合には罰則はあるのでしょうか。

道路交通法上の罰則と点数

点滅信号無視をした場合は通常の信号無視と同様、違反点数や反則金を科せられます。

<信号無視(点滅)違反>
違反点数 反則金
大型車 2点 9,000円
普通車 2点 7,000円
二輪車 2点 6,000円
小型特殊車 2点 5,000円
原付 2点 5,000円

ちなみに通常の信号無視の罰則は以下の通りです。

<信号無視(赤色等)違反>
違反点数 反則金
大型車 2点 12,000円
普通車 2点 9,000円
二輪車 2点 7,000円
小型特殊車 2点 6,000円
原付 2点 6,000円

出典:警視庁 交通違反の違反点数表 および 反則行為の種類及び反則金一覧表

通常の信号無視のほうが反則金は少し高いですが、違反点数は同じ2点です。

点滅信号が多く設置されているところ

昼間に比べて夜間の交通量が少ない場所では、黄色や赤色の点滅信号によって交通整理が行われていることがあります。

自動車の往来が少ないのに三色信号で切り替えをすると、赤信号が青信号になるまで停止する必要が出て交通の流れを阻害することになりかねません。こうしたことから点滅信号が設けられ、夜間から早朝の交通を円滑にしているのです。

点滅信号になる時間帯は地域によってさまざまですが、22時頃から5時頃までが一般的です。

点滅信号無視による事故事例

しかし、点滅信号が運用されている交差点ではこれまで多くの出合い頭事故が発生しています。

  • 2012年秋田県秋田市内の県道で、交差点を進行していた軽トラックと大型トラックが出合い頭に衝突。事故当時は双方とも点滅状態、軽トラック側の信号機は赤色点滅、大型トラック側は黄色点滅だったが、双方とも減速することなく交差点へ進入。軽トラックを運転していた男性が死亡。
  • 2018年茨城県水戸市で点滅信号機の設置された交差点を進行していた乗用車と、幼稚園の送迎用ワゴン車が出合い頭に衝突する事故。信号機は乗用車側が黄色点滅、ワゴン車側が一時停止義務のある赤色点滅であった。
  • 2017年5月、深夜から早朝にかけて黄色の点滅信号になっている福井県の県道で、高齢者が軽ワゴン車にはねられて死亡。さらに7月にも黄色点滅信号機での事故が相次ぎ、2つの点滅信号運用を見直した。

危険性のある夜間や早朝の点滅信号は運用見直しの動きが進む

上述したように点滅信号の交差点で起きる事故は、死亡事故など大きな事故になるケースが多いのが特徴です。これはドライバーに点滅信号のルールが浸透していないことが原因だと思われます。

  • 赤色点滅信号では、一時停止の義務があるのに、正しく理解していないため一時停止をしない
  • 黄色点滅信号だと、自分が優先だと思って安全確認を怠って通常走行してしまう

このような両者の迷いや思い込みで、点滅信号の交差点での事故がなくならないのです。

警察庁は「一灯点滅式信号機、その他の常に灯火の点滅を行っている信号機で一時停止の交通規制・その他の対策により代替が可能なもの」については信号機の廃止・撤去をし、「止まれ」の文字を強調する路面表示や交差点のカラー化などの代替策を検討し、より安全を確保できる方法へと置き換える方針を示しており、全国的に点滅信号の運用の見直しが進んでいます。

本記事をきっかけに正しい交通ルールを再確認して、事故防止に努めましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190405-3

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り