閉じる

CEV補助金とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

CEV補助金とは?

電気自動車や、プラグインハイブリッド自動車の購入を検討していると、「CEV補助金制度」という言葉を耳にすることはありませんか?
国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした、環境性能の優れた車に対する優遇措置として「エコカー減税」という制度もありますが、「エコカー減税」が税金の優遇措置であるのに対し、CEV補助金制度は自動車購入時の負担軽減のための購入費用の補助です。

「CEV補助金制度」は環境負荷の低い車を購入する際、補助金が支給される制度です。そこで今回は、CEV補助金制度とはどのようなものか、また、対象となる自動車の種類や申請の流れ、注意点などについてお伝えします。

CEV補助金制度とは?

CEV補助金制度とは?

CEVとはClean Energy Vehicleの略で、日本語ではクリーンエネルギー自動車のこと。CO2や有害ガスの排出量を大幅にカットでき、大気汚染などの環境問題改善に大きな期待が寄せられています。

しかし、生産コストが高いことから、ガソリン車よりもどうしても車両価格が高額になってしまいます。そこで、国が一定の補助金を支給することで価格差を縮め、積極的な購入意欲につなげることを目的にしたのがCEV補助金制度で、国や自治体から補助金を支給することができます。

※自治体の補助金制度の有無については、自治体ごとに異なりますので、必ず各自治体に確認してください。

補助金対象となるクリーンエネルギー自動車4種

補助金対象となるクリーンエネルギー自動車4種

では、CEV補助金の交付対象となるのは、具体的にどのような自動車なのでしょうか。種類や特徴について紹介します。

電気自動車 EV(Electric Vehicle)
100%電力を燃料とし、車載されたバッテリーに充電された電気により走行。ガソリンを使用しないため、CO2の排出量はゼロ。エンジンがないので、騒音・振動が少ない。

プラグインハイブリッド自動車 PHV(Plug Hybrid Vehicle)
ガソリンと電力を使って走るハイブリッド車と、電気自動車の良いところを融合させた自動車。充電した電池を使い切っても、ハイブリッド自動車として走行が可能なので、電気の充電ステーションがない場合でも安心して走り続けることができます。

燃料電池自動車 FCV(Fuel Cell Vehicle)
水素と空気中の酸素の化学反応によって作られる電気「燃料電池」を用いてモーターを動かすしくみ。走行中に排出するのは水だけで、CO2排出はゼロ。

クリーンディーゼル自動車 CDV(Clean Diesel Vehicle)
軽油を燃料とする自動車。しかし、従来のディーゼル車とは違い、排出ガスに含まれる有害物質の量が低減されている。ガソリン車よりも燃費効率が約30%も良く、CO2の排出量も削減されています。

このように、クリーンエネルギー自動車といっても、種類によって駆動方式や燃費効率が異なります。EVであれば充電スポット、FCVの場合は水素ステーションの充実化も課題になるでしょう。購入を検討している場合は初期経費だけではなく、ご自分のライフスタイルに合った性能や使いやすさも考慮することをおすすめします。

具体的な車種はこちらで確認することができます。

補助金額はいくら?算出方法と試算例

補助金額はいくら?算出方法と試算例

補助金額はクリーンエネルギー自動車の区分ごとに定めた方法で算出します。ただし、補助金額の範囲はクリーンエネルギー自動車の区分ごとに定められた上限額の範囲内です。

クリーンエネルギー自動車の種類ごとに定める上限額

クリーンエネルギー自動車の種類 補助金上限額
電気自動車 40万円
プラグインハイブリッド自動車 一律20万円
燃料電池自動車 上限なし
クリーンディーゼル自動車 15万円

それでは補助金額算出方法について見ていきましょう。

補助金算出方法

電気自動車
補助金額=(一充電走行距離当たりの補助単価(1千円/km)×一充電距離)×補助率1/1
※補助率1/1とは100%の補助の意味。

プラグインハイブリッド自動車 ※EV走行換算距離が30km以上の車両に限られます。
補助金一律20万円

燃料電池自動車/クリーンディーゼル自動車
補助金額=(①車両本体価格 ― ②基準額)× ③補助率

  • メーカー希望小売価格で消費税抜きの価格
  • 該当のクリーンエネルギー自動車と同種・同格のガソリン自動車(ベース車)の価格。さらに、クリーンディーゼル自動車については、一定年数分の燃料代などのランニングコスト削減想定分を加える。
  • 補助すべき比率を意味し、クリーンエネルギー自動車の区分ごとの補助率となる。燃料電池自動車は2/3、クリーンディーゼル車は1/12。

試算例

燃料電池自動車で試算条件

  • 購入車両 定価300万円(消費税、諸費用含まず)を295万円で購入
  • 補助金要件 基準額260万円、補助率2/3、補助金交付上限額15万円

試算

(a)
車両購入価格をもとに補助金額試算
(購入価格295万円−基準額260万円)×2÷3=23万円(1万円未満切り捨て)
(b)
車両購入価格をもとに試算した補助金額と補助金交付上限額を比較
補助金試算額23万円>補助金交付上限額15万円
補助金交付上限額の方が低いので、補助金額は15万円となります。

補助金の算出方法についてご紹介しましたが、補助金制度の対象車や内容は毎年見直されていますので、最新情報は補助金申請の審査機関である一般社団法人「次世代自動車振興センター」のウェブサイトや自動車の販売店に確認をとるなどしましょう。

参照:一般社団法人 次世代自動車振興センター「CEV補助金のご案内」

補助金を受けるには?申請方法と必要書類(平成30年の場合)

補助金を受けるには?申請方法と必要書類(平成30年の場合)

CEV補助金の対象車両を購入した場合の申請の流れと手続き方法を確認しましょう。

補助金申請から交付までの全体の流れ

  • CEV補助金の対象車両の購入・リース
  • CEV補助金の対象車両の車検登録
  • 補助金交付申請書類の提出
  • 補助金交付申請書類の審査
  • 補助金交付決定
  • 補助金の交付(振込み)
  • 車両(財産)の一定期間の保有義務

申請書の受付期間(平成30年の場合)
受付期間:平成30年4月20日〜平成31年3月4日(必着)

申請対象となる車両の初年度登録期間
平成30年2月1日〜平成31年2月22日

※車両を初めて運輸支局に登録申請した年月が、平成30年1月31日以前の場合は対象外。「初度登録年月」は通常、車検証に記載されています。軽自動車の場合は、「初度検査年月」の欄に記載があります。

補助金の申請に必要な書類

補助金の申請に必要な書類

補助金の申請手続きは①地方公共団体・その他の法人、②個人、③リース会社とそれぞれに申請書式が違います。本記事では、個人が申請する場合で解説します。

補助金交付申請書(個人の場合)

申請者の本人確認書類
次のいずれか1つの書類が必要です。

  • 運転免許証(両面)
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書の写し

申請車両の確認書類
次のいずれか1つの書類が必要です。

  • 自動車検査証
  • 標識交付証明書

なお、所有者と使用者は、一部の例外を除き、申請者名と同一であることが必要です。

車両代金の支払いを確認する書類
以下のような書類が必要になります。

  • 申請者宛ての領収証
  • 銀行発行の振込み証明書
  • 車両販売会社からクレジット会社宛ての領収証

車両代金の全額分に相当する領収証が複数枚ある場合には、その枚数分の写しを提出することになります。

車名および購入価格の確認書類

  • 車両購入の注文書、請求書、契約書など

下取車がある場合は下取価格が車両代金の一部に充当されたことの確認書類

型式が「不明」な車両の仕様確認書類

詳細はこちらのページで確認できます。

CEV補助金制度を受けたら「処分制限期間」がある

CEV補助金制度を受けたら「処分制限期間」がある

補助金の交付を受けた車両は、一定期間(3年ないし4年)の保有義務が生じます。これは、国から車両購入の一部として補助金を受け取って、すぐに車を売却するなどの転売・悪用を防ぐために義務付けられているものです。

しかし、何らかの事情により、どうしても売却しなければならないというケースもあるでしょう。その場合には、財産処分の承認申請書を提出し、車両の下取り、売却の額に基づいて算出された一部の補助金を返納することになります。

ただし、次のように、財産処分が本人の責めに帰さないやむを得ない事由の場合は、補助金の返納はありません。

  • 天災などにより走行不能となり抹消処分した
  • 過失の無い事故により走行不能となり抹消処分した
  • その他、一般社団法人次世代自動車振興センターが特に認めるもの

これらのケースは補助金の返納対象になりませんが、財産処分承認申請書は提出し、承認を得なければなりませんので注意しましょう。補助金交付後の保有義務については、「知らずに売却しようとしていた」と答えているケースも少なくありませんので、しっかりと覚えておきたいですね。

以上、クリーンエネルギー自動車を対象としたCEV補助金についてご説明しました。
車の購入を考えている方は、環境にやさしい次世代の自動車を検討してみてはいかがですか?

※本記事でご紹介したCEV補助金対象自動車は平成30年7月現在の情報です。
補助金の対象車種や補助金の正確な数値を確認したい場合は一般社団法人次世代自動車振興センターのウェブサイトで最新情報を確認することをおすすめします。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180815-1

「自動車の制度」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り