閉じる

コリジョンコース現象とは?見通しの良い交差点の事故に注意!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

コリジョンコース現象とは?見通しの良い交差点の事故に注意!

交通事故というと、「交通量が多い場所や見通しが悪い場所などで発生しやすい」と考えている方が多いのではないでしょうか。確かに、そうしたイメージも間違いではありません。しかし、状況によっては「見通しがよくて安全」に思える場所でも、重大事故が発生します。

この記事では、見通しのよい交差点で起こる出合い頭の衝突事故の一要因である「コリジョンコース現象」についてご説明します。コリジョンコース現象とは具体的にどのようなものなのか、どうすれば事故を防げるのか学びましょう。

コリジョンコース現象とは?どんな場所で発生するの?

コリジョンコース現象とは?どんな場所で発生するの?

白昼、田畑が広がるような見通しのよい交差点で衝突事故が起きることがあります。「十勝型事故」、あるいは「田園型事故」といった別名で聞き覚えがある方もいるかも知れません。
「コリジョンコース現象」のコリジョン(collision)とは「衝突、激突」の意味です。本来なら事故が起きる危険がないと思われる、見通しの良い広い田園地帯など、長距離を走行していても背景がほとんど変化しない平地で道路が直角に交差する交差点で発生しやすいとされています。
なぜ見通しの良い道路であるにもかかわらず、見えているはずの車を認識できないのか、コリジョンコース現象が起きる要因について解説します。

コリジョンコース現象が発生する要因

コリジョンコース現象が発生する要因

人間の視覚が持つ特性に原因がある

人間が持つ視野の範囲は、前方に左右それぞれ100度前後です。そのうち、対象物の色や形を正確に判別できる「中心視野」は、正面から左右35度以内の範囲に限られています。外側36度〜100度の範囲は、「周辺視野」と呼ばれており、一応見えてはいるものの、動いていないものの色や形を正確に判別することはできません。
つまり人間は「周辺視野にあるもので、動いていないものは認知しづらい」ということになるのです。この特性が、コリジョンコース現象を引き起こす原因になっているのです。

コリジョンコース現象で事故が起きるプロセス

コリジョンコース現象で事故が起きるプロセス

では「進行方向に直角に交差する十字路が存在し、自分の車とほぼ同じ速度で走行する自動車が交差道路から交差点に向かって進行している」という状態をイメージしてください。 このとき、周囲の見通しはいいわけですから、本来なら交差道路から向かってくる車には問題なく注意を払うことができると考える方がほとんどでしょう。

しかし、先にお話ししたように人間は、周辺視野の動いていないものは認識しづらいという特性がありました。2台の車が直角に同じスピードで交差点に近づくと互いの車が常に45度の位置になり、相手の車が常に自分の周辺視野の同じ場所に位置して、止まっているように見えてしまうため相手の車の発見が遅れてしまうというのです。

また同じ速度で近づいてくる相手の車が自分の車のフロントピラー(窓柱)に隠れたままとなることもあり、その存在自体に気がつくことができないこともあるのです。

実際に、コリジョンコース現象と思われる事故に遭遇した人は「事故の直前まで他車の存在に気がつかなかった」、「気づいていたが、衝突の危険があるとは考えなかった」と証言するケースが少なくありません。こうした声からも「周辺視野のため認識できない」「見えていても、止まっていると錯覚して危険だと認識しない」「死角になっている」という非常に危険な状態に陥っていることがわかります。

コリジョンコース現象の危険性

コリジョンコース現象の危険性

事故の危険を感じにくい場所で発生するため、大事故につながりやすい

周囲の見通しが悪いところや、交通量が多い場所など、一般的に事故の危険性が高いとされる場所であれば、運転者は注意して運転するはずです。

しかし、コリジョンコース現象はそうした危険のない場所で発生するため、ドライバーが油断しているケースが多く、大事故につながりやすいという危険性をはらんでいます。対向車もない平野では、ついついスピードを出してしまう運転者も多いことでしょう。速いスピードで走っていれば、死亡者が出るなどの大きな被害が発生するリスクも高くなってしまいます。

ピラーの死角と重なり、完全に他車に気がつかないことも

コリジョンコース現象で認知しづらくなる交差道路を走る車は、自分の車からは斜め約45度前方になるはずです。この角度は、運転者から見てちょうどフロントガラスの両端にあるピラーの位置にあたるため、場合によっては死角に他の車がぴったり隠れてしまう可能性もあります。ただでさえ気がつきにくい車が死角に入ってしまったのでは、ますます事故に遭遇するリスクが高くなってしまうでしょう。

相手も同様にこちらの存在に気がつきにくい

コリジョンコース現象が発生しやすい場所では、交差道路を走る車も同様にこちらの存在に気がつきにくいと考えられます。つまり、自分の車と交差道路を走る車、両方が互いにコリジョンコース現象に陥ってしまい、結果的に2台の車が非常に速いスピードを出したまま衝突するという大事故をまねく恐れがあるのです。

コリジョンコース現象による事故を防ぐ対処法

コリジョンコース現象による事故を防ぐ対処法

首を動かして左右の安全を確認する

コリジョンコース現象が起きやすい場所で交差点に差し掛かったら、かなり手前の位置から首を動かして左右の安全を確認してください。目だけを動かすのではなく、顔の向きを動かすのがポイントです。人間の視覚的特性によるリスクを回避するために、周辺視野ではなく、色や形を判別でき、動いていないものも認知しやすい中心視野で安全を確認するためです。

道路標識をよく確認する

コリジョンコース現象の危険性は、今日ではよく知られるようになったため、行政も対策を進めています。たとえば、手前に標識が設置された交差点や、信号がないのに停止線がある交差点などが増えてきました。見通しの良し悪しといった周囲の景観だけで安全かどうか自己判断するのではなく、道路標識を見て危険を察知するようにしましょう。

交差点を通過する際は細心の注意を

首を動かして安全を確認したとしても、ピラーの死角に入っているなどして他車の存在を見落としている可能性もあります。また、広い道路では道幅を見誤りやすいので、走行中の道路のほうが優先道路のように見えたとしても油断してはいけません。一時停止の看板がない交差点でも、手前で少し減速するなどして安全に通過してください。

コリジョンコース現象は、発生しやすい道路環境と人間の視覚特性がたまたま重なったときに生じます。「周囲の安全をよく確かめる」、「道路標識に注意を払う」といったごく当たり前の行動でリスクを減らすことが可能です。「見通しがいいから」といった理由で油断せず、常に安全確認を怠りなく行うことが一番の対策だといえるかもしれません。

チューリッヒの自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180525-2

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り