閉じる

「運転経歴証明書」とは。身分証明になる?有効期限や特典について

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

高齢などによる身体機能や判断能力の低下などを自覚し、免許証の「自主返納制度」を利用する人が年々増えています。

しかし、「公的に身分を証明する本人確認書類がなくなってしまう」といった不安の声もあります。そうした場合に利用したいのが、本人確認書類として使用できる「運転経歴証明書」です。

本記事では、運転経歴証明書の取得方法や有効期限、特典などをご説明します。

運転経歴証明書とは?

申請による運転免許の取消し(自主返納制度)は、平成10年4月に導入されました。その後、「自主返納を行うと身分証明書がなくなってしまう」といった懸念の声を受けて、平成14年6月に導入された制度が、「運転経歴証明書」です。

運転経歴証明書とは、免許を持っている人が免許のすべてを申請で取り消しした日から、過去5年間の運転経歴を証明するものです。

運転経歴証明書には、運転免許証の情報が一部引き継がれ、免許の取得日や種別などが表示されます。

さらに、新たに付与される交付番号の末尾の数字で、運転経歴を示すしくみになっています。末尾が1の場合は「優良運転者」、2の場合は「一般運転者」、3の場合は「違反運転者」などを意味しています。

このように、運転経歴証明書は運転免許に記載されていた情報を証明するものですが、本人確認書類としても使用できます。

平成24年4月1日以降に交付された運転経歴証明書であれば、銀行などで公的な本人確認書類として利用することができ、しかも有効期限がないため永年使用できます。

サイズも運転免許証と同じなので、携行にも便利です。

運転経歴証明書の取得方法

免許の取り消し申請(自主返納)と運転経歴証明書の交付申請は、同時に行うことができます。また本人による申請が困難な場合は、代理人による申請も可能です。申請手続きに関連する情報は以下のとおりです。

交付申請可能期間
運転経歴証明書の交付申請は、運転免許の取り消しを行った日から5年以内であれば可能です。
申請場所
自主返納と運転経歴証明書の交付申請を同時に行う場合は、各都道府県の運転免許試験場、運転免許更新センター、警察署で申請できます。

一方、運転免許証の自主返納をすでに行っており、新たに運転経歴証明書のみを交付申請する場合は、免許証を自主返納した都道府県の管轄する運転免許試験場に申請する必要があります。
たとえば、東京都で自主返納した場合、運転経歴証明書の交付は東京都の運転免許試験場でのみ申請できます。

必要書類と手数料

  • 運転経歴証明書交付申請書(窓口で取得できます)
  • 返納する運転免許証
  • 申請用写真 1枚
    縦3.0センチメートル×横2.4センチメートル
    申請前6ヵ月以内に撮影にした無帽、正面、上三分身、無背景のもの
  • 手数料 1,100円(各都道府県によって多少異なる)

※代理人による申請の場合は、以下の書類もご用意ください。

  • 委任状
  • 代理人の住所・氏名・生年月日が確認できるもの
    例:運転免許証、マイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証、在留カード、旅券など

注意事項

  • 運転経歴証明書では、運転できません。
  • 返納する運転免許証の住所が現住所と異なる場合は、先に運転免許証の住所変更を行う必要があります。
  • 運転免許証を紛失などで持っていない場合は住所、氏名、生年月日が確認できるものを用意します。
    例:マイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証、在留カード、旅券など

ただし、運転免許証が手元にない場合は、代理人による交付申請はできませんので、本人が交付申請をする必要があります。

運転経歴証明書を交付することができない人

以下に該当する場合は、運転経歴証明書の交付申請ができませんので、あらかじめ問題ないか確認したうえで、交付申請をするようにしましょう。

  • 免許証の有効期間を経過(失効)した方
  • 違反などによる免許の停止や取消しを受けた方
  • 違反などにより再試験を受ける必要がある方

運転経歴証明書には、うれしい特典も

運転経歴証明書が本人確認書類として利用ができるようになって以降、自主返納者数とともに運転経歴証明書の交付件数も増加しています。

そこで、運転免許の自主返納を促しながらも、車を運転できなくなることで生活が困難にならないように、各自治体でもさまざまな特典を提供しています。
たとえば、以下のような特典を受けることができます。

詳しくは、高齢運転者支援サイトをご確認ください。

  • 銀行の預金金利の優遇制度
  • ホテルの利用料金割引
  • 宅配サービスの利用料金割引
  • 食事のデリバリーのおまけ

運転経歴証明書取得に伴い、保険の引継ぎも検討してみては

最後に、免許証の自主返納や運転経歴証明書の取得に伴い、自動車や自動車保険の名義を変える場合についてご説明します。

チューリッヒの場合については、家族間における自動車保険の名義変更で詳しく説明していますが、高齢などを理由に、免許を自主返納された方の保険の等級を同居しているご家族の方が引き継ぐことが可能です。

たとえば、自動車保険の等級が低い家族がいた場合、免許を自主返納される方の高い等級を引き継ぐことで、保険料の節約につなげることができます。

免許証の自主返納を検討される場合は、事前に保険会社に相談し、等級の引き継ぎについても検討しておくといいでしょう。

  • 本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。
  • チューリッヒの自動車保険に関する内容について
    本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
    必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD191021-1

「運転免許」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り