自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

ガソリンメーターとは。ガソリンがなくなったらマークが点滅する?ガソリンの燃費計算

長距離のドライブのときには、ガソリン切れにならないように注意が必要です。ガソリン切れによる交通事故やトラブルを避けるためにも、ガソリンメーターの針がEを指しランプが点灯する前に、ガソリンを補給しておくようにしましょう。

ガソリンメーターの正しい見方を知れば、予期せぬガス欠を予防することができます。ガソリンメーターのしくみや、自分でできる簡単な燃費計算の方法、燃費をあげる運転方法をご説明します。

ガソリンがなくなるとマークは点滅する?

ガソリンメーターがEに近づくと、多くの車種でガソリン残量警告灯は点灯します。この警告灯が点灯したからといって、ガソリンがなくなり、すぐに走れなくなることを意味しているわけではありません。

点灯時の残量は車種ごとに異なります。

たとえば、
ホンダN-BOX 2WD車では燃料の残量が約4L以下
トヨタ ヴィッツ(ハイブリッド)では燃料の残量が約5L以下
MAZDA3では、燃料の残量が約9L以下

になったときに警告灯が点灯するとあります。すぐに走行不能になるわけではありませんが、早めに給油を行う必要があります。

車種によっては、点灯したまま走行を続け、燃料残量が空に近づくと警告灯が点滅したり、燃料計に異常があると点滅したりします。給油をしてからの走行が少ないにもかかわらず点灯した場合は、ガソリンが漏れている可能性が考えられます。

その場合は火気のない場所でエンジンを切り、燃料タンク付近を調べてください。また、次のような症状が走行中に現れはじめたときはガス欠のおそれがあります。

  • 車のスピードが落ちる
  • エンジンから異常な振動や音がする
  • エンストしてしまう

上記の①や②の症状が起きた時点で、エンジンがいつ止まってもおかしくありません。

まずは安全な場所に停車させ、給油の方法を考えましょう。
このときエンストなどで、安全な場所に移動する前に走行ができなくなったのであれば、ハザードランプを点灯させます。高速道路の場合は、周囲に気をつけながら発炎筒をつけ、三角停止板を車の後方に置いたうえで、道路緊急ダイヤルに連絡してください。

ガス欠で車が動かない場合、加入している自動車保険ロードサービスが付帯されているのなら、まずは自動車保険のロードサービスを利用するのがよいでしょう。

ガス欠には無料で対応してもらえる場合もあるため、契約している保険会社のロードサービスのサポート内容をよく確認してください。いずれにしても、交通事故を起こさないように、周囲の状況に合わせて落ち着いて行動するようにしましょう。

ガソリンメーター(燃料計)のしくみ、1目盛りの量

車に取り付けられているガソリンメーター(燃料計)は、エンジンスイッチがONになっているときに燃料の残量を示すものです。ガソリンを満タンにするとF(Full)の位置を指し、ガソリンが減るにつれてE(Empty)に近づきます。

ガソリンメーターの目盛りは、正確に「1目盛りあたり○L」という数値を示すものではありません。たとえば燃料タンク50Lの車で、ガソリンメーターの目盛りが10あったとしても、1目盛りあたり5Lに相当するわけではないのです。

これは、一般的なガソリンメーターでは、フロート(燃料タンク内に浮かべてある浮き玉)による計測方法が用いられていることに理由があります。 満タン給油後は数キロから数十キロ走行しないと、ガソリンタンク内のフロートは動かず、メーターの針は動きません。
そして、走行距離やガソリンの消費が増えるにつれて、ガソリンメーターの動きが早くなります。

ガソリンが消費されてもフロートが下がらない限り、ガソリンメーターの数値も下がらない

そのため、給油をしてしばらくはガソリンメーターの針が動かず、徐々に針が動くスピードが早くなっていきます。
結果、ガソリンメーターの表示と、タンク内に残っているガソリンの割合がずれてしまうのです。

この他、坂道やカーブなどでは、タンク内の燃料が移動するため、針が本来あるべき位置からずれることもあります。

ガソリンの燃費の簡単な計算方法「満タン法」

車の燃費性能を調べるときに用いられるのが、以下の算式です。

燃費(km/L)=走行距離(km)÷ガソリン使用量(L)

しかし、上記の算式で燃費計算をしようとした場合、ガソリン使用量を調べることがネックになります。なぜなら、ガソリンメーターの目盛りを見ても、前述のとおり正確にガソリンの使用量を調べられないからです。

そこで、誰でも簡単に燃費が調べられる方法として、「満タン法」をご説明します。この方法は、ガソリンメーターを使わずに、燃費を知ることができるものです。

満タン法を行うには、まず、ガソリンを満タンにして、走行距離の積算を示すトリップメーターを「0.00km」にセットします。その状態で走行をすると、トリップメーターが示す距離数は増え、ガソリンメーターの針はEに近づいていきます。

そうしてある程度走行した後に、トリップメーターが示す走行距離をメモしてから、再び満タンで給油をしてください。このとき、レシートなどから給油量を把握するとよいでしょう。

つまり、トリップメーターから走行距離を、レシートなどからガソリン使用量を把握できるため、これをもとに燃費計算をすることが可能になります。たとえば、トリップメーターで測定した距離が50kmで、給油量が4リットルであれば、50km÷4Lを計算し、1Lあたりの燃費は12.5km/Lと把握することができます。

ガソリンの燃費をあげる走り方

同じ車であっても、運転の仕方によって燃費をあげることができます。ここからは、一般的なAT車における、燃費よく走るためのコツをご説明します。

運転前の準備

車に乗る人や荷物が多くなると、燃費は悪化します。10kgの荷物を載せて50km走ると、余分に15ccの燃料が必要になるといわれています。車を運転するときは、できるだけ余計な荷物は減らしておきましょう。

また、カーナビなどを使って目的地に至る最短距離を走ることも、ガソリンの消費量を少なくすることにつながります。高速道路の通行止めなどの情報も、できるだけ事前に把握しておくことをおすすめします。

運転中のコツ

発進をするときには、ブレーキペダルからアクセルペダルにゆっくり踏みかえることが効果的です。AT車はブレーキペダルを離すだけで、クリープ現象によりゆっくり前に進むため、これに合わせて静かにアクセルペダルを踏み込みます。

一定のスピードで走行することも大切です。急ブレーキや急加速は燃費を悪化させるため、速度計や前の車との車間距離などを見ながら、一定のスピードを保ってください。

停止をするときは、早めにアクセルペダルから足をはなし、エンジンブレーキを上手く使って減速をすると、燃費向上につながります。
信号待ちなど、一時停止するときはアイドリングを控えることも大切です。ご自身の車の燃費性能を調べ、適切な給油のペースをつかめば、ガソリン切れを未然に防ぐことができるでしょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2024年2月時点の内容です。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200702-5

「カー用品・パーツ」の記事一覧

「カー用品・パーツ」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り