閉じる

路肩での安全な駐車方法

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
路肩での安全な駐車方法

車で外出する際には、人の乗り降りや荷降ろしなど、車を路肩に停めなければならない場合があります。一般道はもちろん、高速道路であっても車の故障などの理由で停車せざるを得ない場合があるでしょう。しかし、運転席の位置から車の左側面は見えにくいため、路肩への駐停車を苦手だと感じる人は少なくありません。安全な停め方を知らないと事故の原因となる場合もあり、大変危険です。

ここでは、歩道や路側帯の有無など確認すべきポイントや駐車時のコツを確認し、「駐停車禁止の場所」や「停車禁止の場所」とはどのような場所だったかもおさらいしておきましょう。

路肩に車を停める前に確認すべきポイント

路肩に車を停める前に確認すべきポイント

「路肩」と「路側帯」の意味の違い

路肩とは、簡単に言うと「車道と歩道の間」のことです。路肩の中でも路側帯と呼ばれるのはペイントで歩道と車道を分けているところを指します。路側帯の幅や種類によってそれぞれ駐停車の方法が異なるので注意しましょう。

路肩の状況により異なる路肩での駐車方法

路肩の状況により駐車方法が定められています。歩道や路側帯の有無、路側帯の幅を確認してから車を停めましょう。

路肩の状況により異なる路肩での駐車方法

歩道も路側帯もない道路

歩道や路側帯がない道路では、「道路の左端に寄せて」車を停めます。

歩道がある道路

歩道がある場合は「車道の左端に寄せて」車を停めます。

路側帯のある道路

まず路側帯の幅を確認しましょう。路側帯の幅が0.75m以下かどうかで停める方法が変わります。0.75m以下の場合、路側帯には入らず車道の左端に沿って車を停めてください。一方、0.75mを超える場合は「路側帯に入り、車の左側を0.75m以上空けた状態」で車を停めます。路側帯へ車を停める場合には、幅だけでなく種類も確認してください。

路側帯の種類により異なる駐車方法

さらに、路側帯の種類によっても駐車方法が定められています。

路側帯の種類により異なる駐車方法

普通の路側帯(白線一本)

前述の通り、路側帯の幅が0.75mをこえる場合は、路側帯内に入って止まることができます。

駐停車禁止路側帯(左側に白の破線、右隣に白線の2本)

幅が広くても路肩に入れません。車道の左端に寄せて車を停めます。

歩行者用路側帯(白線が2本)

幅が広くても路肩に入れません。車道の左側に寄せて車を停めます。

路肩への安全な停め方のコツ

日本の車は右ハンドルのため、車道の左側へ寄せていく路肩駐車が苦手な人も多いのではないでしょうか。そこで、路肩への安全な停め方のコツをいくつかご紹介します。

フロントガラスを目印にする

車種によっても異なりますが、運転席から「フロントガラスの中央」に路肩が見える位置まで寄せると、ちょうど車の左端が路肩ギリギリに位置することが多いです。そのため、フロントガラスの中央を目印にして路肩に寄せて走行していけば停めやすいと言われています。

遠くの目標を目掛けて路肩に寄せていく

路肩に対して斜めに侵入しようとすると、道路と平行に停めることができません。道路と平行に車を停めないと危険なうえ、駐車違反になる可能性もあります。駐車しようと思っている地点よりも、少し遠くの位置から徐々に路肩に寄せていき、白線や路側帯の向きと車が平行になったのを確認してから車を停めると安全です。

バックで停める

他の車も路肩に駐車しているなど、前進よりもバックで停めるほうが楽な場合もあります。バックで停めるときは事前に周囲の安全を確認し、左のドアミラーを後輪が見える位置に調整すると停めやすいです。後は後輪と路肩の位置を確認しながらバックで寄せていけばうまくいくはずです。前進する場合と異なり、左側を目で見て確認できるメリットがあります。

駐車・駐停車禁止の場所を確認しよう

道路には道路交通法などによって定められた「駐車禁止の場所」と「駐停車禁止の場所」があります。免許を取得する際に習いますが、もう一度おさらいしておきましょう。

主な駐車禁止の場所

主な駐車禁止の場所愛知県警察「駐車禁止等除外指定車標章を掲出しても、駐車できない場所」より作成
  1. @駐車禁止の表示・標識がある場所
  2. A火災報知器の半径10m以内
  3. B自動車専用出入り口の3m以内
  4. C道路工事区域の端から5m以内
  5. D消防用機械用具置き場や防火水槽の5m以内
  6. E消火栓や指定消防水利の標識などから5m以内

主な駐停車禁止の場所

主な駐停車禁止の場所愛知県警察「駐車禁止等除外指定車標章を掲出しても、駐車できない場所」より作成
  1. @駐停車禁止の表示・標識がある場所
  2. A軌道敷内(路面電車の線路上)
  3. B坂道(頂上付近)
  4. Cトンネルの中
  5. D交差点、およびその端から5m以内
  6. E曲がり角の5m以内
  7. F横断歩道および自転車横断帯の5m以内
  8. G踏切の端から前後10m以内
  9. H安全地帯の左側およびその前後10m以内
  10. Iバス、路面電車の停留所にある表示板から半径10m以内(運行中に限る)

無余地場所

最後に、ここまでにあげたルールに従っていても、駐車したときに車両の右側の道路上に3.5m以上の余地が確保されないなど、他の交通の妨害となる場合はやはり駐車(停車)は禁止されています。

無余地場所

これらの条件にあてはまる場合は駐停車しないように注意しましょう。

安全な駐停車の方法を知ることは、自分や家族の命を危険から守ることにつながります。今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ普段から安全運転を心がけてください。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170822-1

「事故・トラブル」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り