自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

チャイルドシートは何歳まで(いつまで?)ジュニアシートは何歳から?

更新日:2023年9月11日

公開日:2020年7月10日

6歳未満の子どもを車に乗せるときには、チャイルドシートに座らせなければなりません。

しかし、警察庁と日本自動車連盟(以下JAF)の2022年の合同調査では、年齢が上がるにつれチャイルドシートの使用率が減少し、5歳で50%程度になるという結果が出ています。

チャイルドシートに関連する法律やチャイルドシート・ジュニアシートの適切な使用時期についてご説明します。

ポイント

  • 6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートを使用しなければならないことが法律で定められています。
  • 6歳を過ぎた場合でも、身長140cmに達するまではチャイルドシート(ジュニアシート)の使用が推奨されています。
  • 新生児から1歳くらいまではチャイルドシートを後ろ向きに使用し、1歳から4歳くらいまでは前向きに、それ以降はジュニアシートを使用します。

チャイルドシートは新生児からいつまで(何歳から何歳まで)使用する?

道路交通法では、自動車の運転者はチャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗車させて運転してはならないと規定しています(道路交通法第71条の3第3項)。

6歳を過ぎたら法律上の使用義務はありませんが、安全のためには子どもにあったチャイルドシートを適切に使用する必要があります。

チャイルドシートの使用率

2022年の警察庁と日本自動車連盟(JAF)が合同調査を行った「チャイルドシート使用状況調査(2022年調査結果)」によると、6歳未満全体の使用率は74.5%です。

年齢層別では1歳未満が89.9%、1歳から4歳が76.7%、5歳が53.5%という結果であり 5歳の使用率が他の年齢層と比べて低いことがわかりました。

出典:チャイルドシート使用状況全国調査(2022)警察庁/日本自動車連盟(JAF)合同調査

また、同調査による「6歳未満のチャイルドシート使用状況(使用・不使用状況の内訳)」は、以下のとおりでした。

6歳未満のチャイルドシート使用状況(使用・不使用状況の内訳)

年齢層 チャイルドシート使用 チャイルドシート不使用
車両シートに
そのまま着座
チャイルドシートに
そのまま着座
大人用
シートベルト着用
保護者の
抱っこ
6歳未満全体
(比率)
74.5% 10.9% 5.5% 5.8% 3.3%

※構成比は、各数値を四捨五入しているため、合計が100%にならないことがある。

チャイルドシートを使用していなかった6歳未満全体の中で最も多かったのは、「車両シートにそのまま着座」で10.9%、続いて、「大人用シートベルト着用」が5.8%、「チャイルドシートにそのまま着座」が5.5%、「保護者の抱っこ」が3.3%でした。

出典:チャイルドシート使用状況全国調査(2022)警察庁/日本自動車連盟(JAF)合同調査

チャイルドシートの義務と未使用リスク

やや古いデータになりますが、2013年3月実施JAFユーザーアンケート「チャイルドシートの使用実態に関するアンケート調査結果」によれば「小学生の子どもを車に乗せる場合のチャイルドシートの使用状況」では7割以上が「チャイルドシートを使用していない(使用しなくなった)」という回答でした。

これは、法律上チャイルドシートの使用が義務付けられているのは6歳までであることに加え、子どもの身体の成長にともない大人側に「つけなくても大丈夫」という意識が生まれるからだと考えられます。

法律に定められている6歳を過ぎたとしても、ジュニアシート(学童用チャイルドシート)は不要ということではありません。

学童期の子どもがチャイルドシートを使用せずに事故にあった場合、シートベルトをすり抜けて身体が車から飛び出したり、シートベルトが凶器となってケガをしたりする危険性もあります。

事故による被害を少しでも抑えるためには、学童期にもチャイルドシートを積極的に使用する必要があります。

チャイルドシートの使用は何歳から何歳までと年齢で区切るのではなく、子どもの身長や体格を目安に考えることをおすすめします。
JAFでは、身長140cmくらいの 10歳頃まではチャイルドシートの使用を推奨しています。

また、JAFではチャイルドシートの必要性を検証した衝突テストをウェブサイトで公開しています。
あわせて参考にしてください。

モータージャーナリスト 竹岡 圭

チャイルドシートやジュニアシートは、車に装備された大人用のシートベルトが正しく使えるようになるまでの補助装置です。そのままシートに座ると、お腹がくの字に折れ曲がり、また外の景色も見えないため、クルマ酔いもしやすくなります。

いつまで使用すべきか

チャイルドシートの使用については、年齢で区切るのではなく身長を目安に使用時期を考えるべきであることをご説明しました。
また、チャイルドシートは子どもの年齢や体格に合わせて、使う向きを変える必要があります。

チャイルドシートを後ろ向きに使う時期、前向きに使う時期はいつごろまでが望ましいのでしょうか。おおよその目安をご説明します。

1 後ろ向きに使うのはいつまで?

チャイルドシートを後ろ向きに使う時期は、新生児から1歳くらいまでが目安です。体重にしておよそ10kg程度になるまでは、後ろ向きで使うことが推奨されています。

乳児用チャイルドシートを後ろ向きに使うのは、次のような理由があります。

新生児から1歳くらいまでの子どもは頭が重く、骨もまだ発達していない状態です。そのため、前向きに座っていた場合、事故にあったときの衝撃は、大人に比べて大きくなると考えられます。

しかし、後ろ向きに座っていた場合は背中全体で衝撃を受け止められるため、事故による衝撃のパワーを分散させることができ、被害を少なく抑えられると考えられています。

2 前向きに使うのはいつまで?

体重が10kgを超える頃から、幼児用チャイルドシートは前向きに使用します。

幼児用のチャイルドシートを使用する時期は、年齢にして1歳〜4歳くらいまで、体重にして10kg〜18kgまでとされています。

体重が18kgを超えて身長が140cmくらいになってきたら、幼児用のチャイルドシートではなく、学童向けのチャイルドシート(ジュニアシート)を使用するようにしましょう。

※チャイルドシートの使用に適する身長・体重などは各社の製品によって異なります。

3 使用する年齢は法律で定められている?警察に取り締まられる?

前述しましたが、チャイルドシートを使用すべき年齢は道路交通法の第71条の3第3項で定められています。

6歳未満の子ども(幼児)を乗せているにもかかわらずチャイルドシートを使用していなかった場合、反則金などはありませんが「幼児用補助装置使用義務違反」として交通違反の点数が1点累積されます。

しかし、チャイルドシートは違反になるかどうかという問題ではなく、子どもの命を守るために使用する大切な装備です。子どもを車に乗せるときにはしっかりとチャイルドシートを使用するようにしてください。

まとめ

法律上、チャイルドシートの使用義務の対象は6歳未満の子どもとされていますが、シートベルトを正しく装着するには140cm以上の身長が必要とされています。

そのため、子どもの年齢が6歳を過ぎても、ジュニアシートと呼ばれる学童用のチャイルドシートなどを設置して、子どもの体格に合わせて適切に使用する必要があります。

成長過程にある子どもの安全を守るためにも、チャイルドシートやジュニアシートを正しく使いましょう。

※記載の情報は、2023年9月時点の内容です。

チャイルドシートのよくある質問

Qチャイルドシートの着用が免除される場合はありますか?
Aチャイルドシートの着用義務を定めている道路交通法第71条の3第3項では「疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない」と示されています。

子どもに疾病があり、チャイルドシートの使用によって問題が生じるような場合は、チャイルドシートの使用が免除されます。
Q大人が子供を抱えている場合は、チャイルドシートは不要ですか?
A衝撃の強い事故にあった場合、人の力では子どもを支えることができません。
たとえば時速40キロで衝突すると、体重10キロの子どもの30倍である300キロの力がかかります。
とても人間の力では支えられませんから、チャイルドシートが必要なのです。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「カー用品・パーツ」の記事一覧

「カー用品・パーツ」の記事一覧

A-230922-1

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り