閉じる

優先道路の標識や見分け方。交差点での徐行・一時停止・追い越し

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

車を運転していて信号機のない交差点などに差し掛かる際、自分が走行する道路と交差する道路のどちらが優先道路か迷うことはありませんか。交差点では一瞬の判断ミスが事故の原因になります。優先道路か否かの判断は素早く確実に行う必要があるのです。
交差点での事故を防ぐためにも優先道路のルールについて説明します。

優先道路の見分け方

優先道路の見分け方は、運転免許を取得する際に誰もがしっかりと学んだと思います。しかし、時間が経つにつれて何となくあやふやになってしまっている人も多いのではないでしょうか。
優先道路の見分け方は安全運転をするうえでとても重要になるので、あらためてしっかりと確認しましょう。

そもそも優先道路とは?

「優先」とは時間的にも順序的にも「前」であることを示す言葉です。では、優先道路とはどのような根拠で優先権が与えられているのでしょうか。法的な根拠を求めれば、道路交通法第36条第2項、あるいは第43条などに詳しく定義されています。

どちらの条文の冒頭も、「車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては」(※)という文言で始まり、秩序が曖昧で明確でない状態にある交差点での判断を規定しています。「交通整理の行なわれていない」とは、具体的には標識などで「優先道路」が指定されていない状態、あるいは通行を規制する道路標識などにより「中央線」や「車両通行帯」が設けられていない状態です。

このように判断基準が明確に提示されていない交差点で優先権をもつ道路、それが優先道路というわけです。条文による定義としては、「通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広い」(※)道路、さらに一時停止の標識のない道路も優先道路として定義されています。
道路交通法ではこうした優先道路を走行する車の進行妨害をしてはならないと規定しています。

※道路交通法より

交差点での優先道路の見分け方

では具体的に交通整理のない交差点での優先道路を見分けてみましょう。実際に交差点を走行する際は瞬間的に判断する必要があるので、確実に覚えるようにしましょう。

優先道路の標識がある場合

優先道路の交通標識のある道路が優先道路です。

交差点内に中央線がある場合

交差点内に中央線がある場合は、中央線のある道路が優先道路です。

交差点内に車両通行帯がある場合

交差点内に車両通行帯がある場合は、車両通行帯のある道路が優先道路です。

道幅が異なる交差点の場合

優先道路の標識がなく交差する道路の道幅が異なる場合は、道幅が広い道路が優先道路です。

一時停止や徐行の標識がある場合

一時停止や徐行の標識がある場合は、交差する道路が優先道路です。

標識などがなく道幅も同じ交差点の場合

優先道路の標識や中央線、車両通行帯がなく、道幅も同じで一時停止などの標識がない交差点では、左側から進行してくる車が走行する道路が優先道路になります。

信号機のある交差点の場合

信号機があるなど交通整理が行われている交差点では特に優先道路はなく、信号機の表示に従って進行します。

優先道路の進行を妨害した場合の罰則について

優先道路の車の進行を妨害した場合は優先道路通行車妨害等違反として

  • 違反点数2点
  • 反則金 大型車9,000円、普通車7,000円、二輪車6,000円、原動機付自転車5,000円

の罰則に問われることになります。

道路交通法施行令第45条

優先道路標識も確認しましょう

交通整理がされていない交差点では、どこが優先道路なのか、その判断は瞬時に行う必要があります。優先道路通行車妨害違反や事故を起こさないためにも、優先道路標識をしっかりと覚えておきましょう。

(優先道路標識)

優先道路における事故と過失割合の考え方

交通整理のされていない交差点内で、優先道路を走行している車と非優先道路を走行している車が事故を起こした場合、その過失割合などはどうなるのでしょうか。

優先道路走行車の責任の有無は?

交通整理のされていない交差点では優先道路を走行している車が優先して走行することができます。このため優先道路を走行している車が非優先道路を走行している車と事故を起こした場合、優先道路を走行している車には全く責任がない、と考えられがちです。
しかし、実際は優先道路を走行している車にも過失責任があるとされる場合があります。

優先道路での事故と過失割合

優先道路を走行する車には、たとえ見通しが悪い交差点でも徐行する義務は道路交通法上ありません。しかし道路交通法36条4項には下記の表記があります。

車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

出典:道路交通法第36条4項

つまり交差点を通行しようとする車には周囲の車や人の動きに注意し、できる限り安全な速度を保ちながら進行することが義務付けられているのです。
こうしたことから交通整理のされていない交差点で車同士の衝突事故が起こった場合、たとえ優先道路を走行する車に特別な過失が見られなくても過失があると判断される場合があります。

最も一般的な過失割合は

  • 優先道路側10%:非優先道路側90%

というのが相場となっています。

交差点によっては過失割合が増える場合も

事故が起きたのが日中であるか夜間であるか、あるいは交差点の見通しの良し悪しやその形状など、事故を起こした交差点の条件によっては、優先道路を走行していた車の過失責任が増える場合もあります。
たとえば交差する道路の道幅が違う交差点や、一方にだけ一時停止の標識のある交差点、優先道路の標識などが何もない交差点の場合は、優先道路を走行している車にもより注意と安全運転が求められ、事故が起こった場合も優先道路を走行していたドライバーの過失責任が10%以上になる場合があります。

保険の等級が下がることもある

上記でみたように、優先道路を走行中に非優先道路を走行中の車と事故を起こした場合、優先道路を走行していた車にも過失責任が問われるケースは多くみられます。過失責任のある状態で自動車保険の補償を受けると、当然のことながら翌年度からの等級が下がり、保険料が高くなる場合もあります。
優先道路を走行している際も、周囲の車や人に万全の注意を払いながら安全に交差点に入るよう心掛けることが肝要です。

優先道路でも細心の注意を払って安全運転を心掛けましょう

信号機がないなど交通整理が行われていない交差点では、優先道路の標識や中央線、車両通行帯のある道路や道幅の大きい道路、徐行や一時停止の標識のない道路などは優先道路になります。交差点で事故を起こさないためにも、どのような道路が優先道路かを必ず覚えておくようにしましょう。また優先道路を走行しているからといって油断せず、細心の注意を払って安全運転を心掛けましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190311-3

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り