閉じる

ウォッシャー液の補充

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
ウォッシャー液の補充

車には、フロントウインドウ(ガラス)を掃除するウォッシャー液が必ず標準装備されています。メンテナンスに縁がない方でも、一度は使ったことがあるでしょう。それだけ気軽に使えるウォッシャー液ですから、なくなってしまう場面にも遭遇しやすいものです。

この記事では、ウォッシャー液の補充方法と、何を入れたらいいのかをご紹介します。

ウォッシャー液の役目とは

ウォッシャー液は、ワイパーを動かすレバー(ワイパーレバー)を手前に引くことで噴出させることができます。液が出たあとにはワイパーが自動で数回動き、ウィンドウを清掃することができるしくみです。リアワイパー装着車の場合は、ワイパーレバーに付いているスイッチを作動させることで、フロントと同じ機能が働きます。

車のウィンドウはガラスでできています。ガラスは、引っかき傷などには比較的強いものの、汚れを溜めてしまうと曇りや油膜汚れなどが発生しやすい特徴を持っています。自動車の場合、運転者の視界が妨げられることは事故を誘発し危険ですから、見づらさを感じたら積極的にウォッシャー液を使用しましょう。

ウォッシャー液を補充・交換するには

ウォッシャー液は気軽に使える分、エンジンオイルなど他の油脂類より無くなるのが早いものです。補充はガソリンスタンドやメンテナンスショップ、ディーラーなどに依頼できますが、少しの知識さえあれば誰にでも簡単に行えるものでもあります。ぜひチャレンジしてみてください。

なお、ウォッシャー液を「交換」するということは稀で、基本的には「補充」するものです。

ウォッシャー液の入れ方

ウォッシャー液の入れ方

@ウォッシャータンクの位置を確認する

ウォッシャー液はエンジンルーム内にある半透明のタンクに充填されています。ボンネットを開けた状態ですぐにタンク本体が確認できる車種もあれば、タンク本体は見えず、補充口のみが上部にある車種もあります。

エンジンルーム内にはいくつか液体を入れるタンクがあります。ウォッシャー液は補充口のキャップに「(ウィンドウを表す)扇形に、噴水のようなマーク」が描かれていますので、他のタンクと間違えないように注意しましょう。

Aウォッシャー液を注ぐ

補充口の位置が確認できたら、そこからウォッシャー液を注いでください。タンクが空に近い場合、かなりの量が入ります。FULL、またはMAXの目盛りまで液面が上がってきたら作業完了です。

ウォッシャー液を交換しなければいけない場合とは

後からご紹介するように、ウォッシャー液にはいくつかの種類があります。通常は補充のみでよいのですが、大きくタイプの異なる液を使用する際には交換するほうが安心です。
また、誤ってウォッシャー用途以外の液体を入れてしまった場合にも交換が必要です。この場合はさらにウォッシャータンクやポンプなどを清掃しなければなりませんので、ディーラーへ相談してください。

ウォッシャー液の交換方法

ウォッシャー液を出す要領で、ワイパーレバーを引き続けてください。この状態を続けてタンク内を空にします。ただし、長時間の連続使用はウォッシャーポンプやワイパーモーターに不必要な負荷をかけ、故障させる原因となります。一度に終わらせようとせず、数回に分けて作業するようにしてください。

タンク下部から液を抜くことができる場合もありますが、タンクの位置によっては大掛かりな作業になりますのであまりおすすめできません。

撥水タイプのウォッシャー液から油膜取りタイプへ交換するときなどは、経路やポンプ内に残った古い液を洗浄したほうがよいでしょう。タンクを空にした後、水道水を補充し、再度タンクを空にすることで簡易的な洗浄が可能です。古いウォッシャー液を確実に取り除きたい場合は、ディーラーへ相談するのが確実です。

ウォッシャー液の種類とその特性

ウォッシャー液の種類とその特性

カー用品店やインターネットの通販サイトでは、さまざまなウォッシャー液が販売されています。原液のまま使用できるものもあれば、希釈する(水で薄める)必要がある製品もあります。使い方をよく確認してください。

ノーマルタイプ

一般的なウォッシャー液です。成分は界面活性剤とメタノールが中心となっています。

撥水タイプ

シリコンやフッ素などを混ぜたウォッシャー液で、車の速度に応じて水をはじく効果を持っています。

油膜取りタイプ

通常のウォッシャー液で清掃したり、濡れ雑巾などでウィンドウを拭いたりしても視界がぼやけているような場合は、油膜による汚れが付着している可能性があります。油膜取りタイプのウォッシャー液は、この油膜汚れを除去する働きがあります。

解氷タイプ

塩化カルシウムなどが混ざっているため、霜や雪、氷を溶かす能力が高いウォッシャー液です。通常のものに比べ、不凍能力も高くなっていますので、寒冷地にお住まいの方や、冬場にスキーなどへお出かけになる方に向いています。

ここでご紹介した中では、「撥水タイプ」と「油膜取りタイプ」は相性がよくありません。撥水加工は、いわばガラス表面に薄い油の膜を張るようなもの。油膜取りとは真逆なのです。この2種類は特に混ぜ合わせないよう注意しましょう。入れ替える際も補充ではなく交換することをおすすめします。

ウォッシャー液の代わりに水を入れるのはNG?

ご紹介したように、ウォッシャー液にはアルコール分(メタノール)などその特色を活かすための成分が含まれています。特にメタノールや塩化カルシウムは、ガラス表面やウォッシャータンク内部の液が凍結することを防いでいます。

ウォッシャー液を補充する際は、できれば同タイプの専用液を使うことが望ましいですが、水道水でも構いません。ただし、タンク内で水道水の割合が増えると、それだけ凍結などの危険性が増しますので気をつけてください。また、ミネラルウォーターは腐敗する速度が早いですから使用しないほうがよいでしょう。

ウォッシャー液が出ないときの対処法

ウォッシャー液が出ないときの対処法

レバーを操作してもウォッシャー液が出ない場合、次のような原因が考えられます。

  • ・ウォッシャー液が入っていない
  • ・ウォッシャータンクのホースが外れている
  • ・ウォッシャータンク、ホースなど経路のどこかに亀裂が入っている
  • ・ノズルの詰まり
  • ・外気温が非常に低い、かつ不凍タイプではない(あるいは濃度が低い)液体を使っているため、凍結している
  • ・ウォッシャーポンプの故障

まずはウォッシャータンク周辺を調べてみてください。液量は十分か、タンク自体やタンクから繋がっているホースに亀裂や漏れなどはないか、確認してみましょう。異常が見られない場合はウォッシャー液が噴出するノズルをチェックします。

ホコリなどでこの部分が詰まっている場合は、安全ピンなどで軽く清掃すると改善される場合があります。爪楊枝はノズル内で折れる可能性があるため避けたほうがよいでしょう。

ウォッシャー関連の部品に異常がなく、外気温や液の種類にも問題がない場合はウォーターポンプの故障が疑われます。ワイパーレバーを操作したときにエンジンルームから何の音もしない場合は、速やかに修理工場へ依頼することをおすすめします。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170818-1

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り