自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

SUVとは何の略?SUV車の意味、定義、メリット

わが国のカージャンルの中で、ミニバンと並んで人気が高いのがSUVです。SUVとは、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略です。
スポーツやレジャーに適した装備を持った利便性の高い車両で、ふだん使いからレジャーまで幅広く使えるスポーツ車(多目的スポーツ車)として販売されています。
本記事では人気のSUVの特徴について主にお話しします。

SUVには定義があるの?

アウトドア用途から街乗りまで、多様な用途に人気のSUV

このSUVというジャンル、実はセダンやミニバンのように、はっきりした定義はありません。多様で、モデルごとの特徴が大きく異なっています。

機能の特徴としては、ロード・クリアランス(最低地上高)が高く、悪路の踏破性能が高められている車や、荷室が比較的大きくてレジャー用品が積み込みやすくなっている車などが多いようです。

キャンプやサーフィン、スキー、スノーボードや釣りなどさまざまなアウトドアレジャー、アクティビティに使え、街乗りにも便利、ということになります。

歴史的にみると、SUVの発祥は1960年代のアメリカでピックアップトラックの派生として誕生し、ジープやダッジなどのクロスカントリー車(オフロード向け四輪駆動車)として発展してきたとされています。

日本においては、輸出用のピックアップトラックのトヨタ・ハイラックスサーフやテラノなどから始まり、クロスカントリーのランドクルーザーや三菱パジェロなどへ発展してきました。特にハイラックスサーフは1980年代に大きなヒットとなり、現在のSUV人気のはじまりといえる成功を収めました。

その後しばらくの間、サイズが大きく運転しづらい、燃費やその他維持費がかかるなどの理由でクロスカントリーSUVが敬遠された時期がありましたが、1990年代のトヨタ・RAV4の大ヒット以降、燃費が普通乗用車と遜色のない車種が登場し、次々と派生モデルを生み出して現在の人気ジャンルへと成長してきました。

構造上の観点から見ると、従来のトラック譲りの頑丈で車高が高く重いラダーフレーム構造※のパジェロやハイラックスサーフから、ボディとフレームが一体となり、軽量なモノコック構造※をもつ、乗用車と同様な構造のRAV4が登場し、クロスオーバーSUVの幕が開き、さらにトヨタ・ハリアーが高級SUVの市場を開拓しました。

用途上の観点から見ると、あくまでオフロードを走行する目的で作られているクロスカントリー(四輪駆動車)から街乗り中心の、乗用車ベースのクロスオーバーSUVへと移ってきました。

ラダーフレーム構造

ラダーという言葉のとおり、はしごの足掛けの形状をしたフレーム

モノコック構造

フロアなどの板状の部材とピラーなどの棒状の部材を組み合わせた構造

SUVにも種類がある

それではSUVの種類についてもう少し細かく見てみましょう。

SUVというジャンルは広義的で多様性があると述べましたが、明確な定義がないため、メディア、辞書、専門家でも意見が分かれるところです。ここでは3つのパターンで考えてみましょう。

構造による分類

構造的に考えると大きく3つに分類することができます。

  • ピックアップトラックの荷台に「シェル」と呼ばれる居住・荷室空間を作った車種(本来の意味でのSUV)。
  • 地上高を高くし、はしご型のフレームにボディを乗せるラダーフレーム構造(頑丈ではあるが、車重は重い)。
  • ボディとフレームが一体となったモノコック構造のボディをSUV風の外観に変えた車種(クロスオーバーSUV、車重が軽く軽快なハンドリングを備える)。

最近では、これにセダンやコンパクトカーなどのボディを大きく高めに設計しただけの車種もSUVに参入してきています。

サイズ(大きさ)による分類

大まかに4種類ほどに分かれます。

①軽SUV

排気量660cc以下の軽自動車。車体が軽量、コンパクトの割に車内が意外と広く多目的に使え、燃費、税金等維持費の安さも魅力で、軽自動車でもSUVは人気です。

スズキ・ジムニー、三菱・eKクロスなど。

②コンパクトSUV

排気量660cc以上の車体が小ぶりなモデルで、最近増え始めているクロスオーバーSUVの中心でもあり、家庭への普及率が高いサイズです。軽快なハンドリングで、乗用車として日常での使い勝手の良さが人気です。

ホンダ・ヴェゼル、トヨタC-HR、スバル・XV、マツダ・CX-3など。

③ミドルサイズSUV

こちらもクロスオーバー系のモデルが多く、コンパクトSUVより、安定した走行性を実現しています。

トヨタ・ハリアー、日産・エクストレイル、レクサス・RX、マツダ・CX-5など。

④フルサイズ(ラージサイズ)SUV

本来のSUVの4輪駆動やクロスカントリー仕様車の、高い悪路走行性能を発揮するモデルがある一方、高級車の路線を狙い、ステイタスのあるモデルも存在しています。

トヨタ・ランドクルーザー、三菱・パジェロ(2019年8月国内向け生産終了)、マツダ・CX-8、レクサス・LXなど。

用途による分類

  • ピックアップトラックからの派生で、非舗装路(オフロード・グラベル)を走る目的として発展してきたクロスカントリー四輪自動車(クロカン四駆)のカテゴリー(本来のSUVの流れ)
    悪路走行性能など高い走行技術、装備を備えます。
  • 近年著しく発展してきた新しいSUVの流れであるクロスオーバーSUV
    乗用車からの派生モデルで、舗装路、高速道路での性能(操縦安定性、乗り心地、燃費)に重点を置いた車種。クロスオーバーとは、違う分野のものを組み合わせ、新しいものを作り出すという意味です。昨今のわが国の道路事情では、オフロード走行の機会はほとんどありません。そこで、オンロード走行中心で積載量もあり、レジャーに適した仕様とし、ボディが大きいことでステイタスを感じさせるのも特徴です。

SUVのメリット、デメリット

SUVのメリットといわれているのは、以下のような点です。

  • 最低地上高が高く、雪道や段差を超えたり悪路を走行したりするときにボディ下面を擦る心配が少ない。オフロードをものともせずクリアしていく走行性能を備え、冒険心を掻き立ててくれる魅力がある。
  • アイポイントが高く視界が良好なので、運転しやすい。
  • 積載性も高く、シートアレンジも自由にできる車種もあり、レジャーにも実用性にも優れている。
  • ボディが大きく豪華さ、ステイタス性を有している。

SUVのデメリットからクロスオーバーSUVに

メリットの裏返しであるものが多いのですが、デメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 地上高や全高が高い分、カーブなどでのロール(揺れ幅)が大きく、操舵面でストレスを感じることが多い。
  • 車重が重いのでエンジン排気量が大きくなり、大径タイヤの抵抗や大きな車体への空気抵抗の増大などから燃費が悪化しやすい。
  • 車高が高いため、立体駐車場へ駐車できないことが多い。
  • 車両価格が高めで、車重の重さによるタイヤ交換の頻度や任意保険の保険料設定が高めのため全体的にランニングコストがかかる。

そこでこのデメリットを解消すべく登場し、発展してきたのが前述のクロスオーバーSUVなのです。

  • モノコック構造の小型ボディで車重の軽さゆえの軽快なハンドリング。
  • 排気量が小さくても快活な走りと燃費の良さ(ハイブリッド設定車もある)。
  • 全体的なランニングコストを抑えることが可能。

クロスオーバーSUVは、SUVのメリットを維持しつつ、デメリットを減らすことに成功しています。セダンやステーションワゴンなど、従来の乗用車のスタイルは人気がなくなる一方、スペースユーティリティーにすぐれるミニバンやSUVの人気は、もうしばらく続くでしょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD190613-4

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り