閉じる

車のタイヤの空気圧チェック

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
車のタイヤの空気圧のチェック

車の部品のうち、唯一地面と接しているもの。それがタイヤです。タイヤは、車に乗るすべての人の命を預かっている部品であり、管理を疎かにすることは大きな危険性をはらみます。今回ご紹介するタイヤの空気圧チェックは、車のメンテナンスの中では最も簡単ですので、ぜひチャレンジしていただきたい項目です。

空気圧チェックを疎かにするとどうなる?

空気圧チェックを疎かにするとどうなる?

がっしりと頼もしくも見えるタイヤですが、実は主成分であるゴム分子の間にはわずかな隙間があり、そこから微量の空気が漏れています。そのため、たとえパンクしていなくてもタイヤの空気圧は減ってしまうのです。では、もし空気圧チェックを怠った場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

燃費が悪くなる

タイヤの空気が少なくなると、「いつも通りアクセルを踏んでいるのに思うようにスピードが上がらない」という事態に陥ります。スピードが上がらないからより強くアクセルを踏む、その結果燃費が悪くなる、というわけです。

スリップ事故などが発生しやすくなる

タイヤメーカーは、適正な空気圧のもとでタイヤが重要な能力を発揮するよう設計しています。タイヤにとっての最高の能力とは「走る・曲がる・止まる、が安全に行えること」です。空気圧の減ったタイヤでは、これらの動作性能が落ちるため、スリップをはじめとする事故が発生しやすくなり非常に危険です。

大きな段差を乗り越えたときなどに、タイヤへのダメージが大きくなる

自転車のタイヤを指で押すとたわむように、車のタイヤもたわみます。たわむことで、道路からの衝撃を吸収しているのです。空気圧が少ない状態では、タイヤは十分な仕事ができず、乗り心地が悪化します。ひいてはタイヤ自体へのダメージが大きくなり、ヒビ割れやパンクなどの原因にもなります。

タイヤ寿命が縮まる

タイヤには路面からの衝撃はもちろんのこと、上部からは1トンを超える車の重さが加わっています。これに耐えるためにはタイヤ内部がしっかりと空気で満たされていることが不可欠です。また空気が少ない状態で走行するとタイヤの使われ方に偏りができてしまい、最悪の場合はまっすぐに走ることが難しくなります。タイヤは消耗品ですから、いつかは寿命が来ます。しかし、日頃から空気圧を適正に管理していれば、寿命を延ばすことが可能です。

このように、タイヤの空気圧のチェックを疎かにするとトラブルが起きる危険性が増えてしまいます。結果的に多くの費用がかかるというデメリットも出てきます。

空気圧チェックの方法

空気圧チェックの方法

最も簡単な空気圧チェックの方法は、最寄りのガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーなどに依頼することです。ほとんどの場合、無料で点検をしてもらえます。

ご自身で確認をしたい場合は、全国各地で増えている「セルフ式ガソリンスタンド」を利用するのが手軽です。セルフスタンドには大抵、自由に利用可能な空気入れが備え付けられており、誰でも簡単にご自身の車に空気を入れることが可能となっています。

どのくらいの頻度で空気圧チェックをすればいい?

月に一度、定期的に実施するのが理想です。毎月きちんと確認をした場合、あまり減っている感覚はしないかもしれません。ひと月の走行距離にもよりますが、大きく減っていなければ正常です。逆に前月よりも大きく減っていたら、パンクやヒビ割れなどが疑われますので、最寄りのディーラーなどに相談してみてください。

毎月の空気圧チェックが難しいという方は、タイヤの空気圧を知らせる便利グッズを利用してみるのも良いかもしれません。取り付けが簡単で簡易的に空気圧を確認できるものから、センサーを利用して車内にいながら状態を目視できる本格的な商品まで販売されています。

適正な空気圧はどうやって調べるの?

適正な空気圧はどうやって調べるの?※写真は一例です

運転席側のドアを開くと、ドアの縁、または車体側の縁に四角いシールが貼られています。そこに車の適正空気圧が表示されています。ご自身で空気を入れる場合はここに書かれている数字に従って補充してください。

ただし、このシールに記載されている値は「純正タイヤ」(もしくは純正と同等のタイヤ) のみに適応する、という点には注意が必要です。スタッドレスタイヤや扁平タイヤを使用している場合は基準値が異なることがあります。

スタッドレスタイヤの場合

基本的には純正タイヤと同じ空気圧で大丈夫ですが、「スタッドレスは純正タイヤと違うサイズのものを使用している」という方は適正値が異なる場合がありますので注意が必要です。

扁平タイヤの場合

扁平タイヤは純正のものに比べ、空気が入る部分が少なくなります。それは純正タイヤが支えている重量や衝撃を、より少ない空気で吸収するということでもあります。そのため、扁平タイヤでは、純正に比べ空気圧を高めに設定するのが一般的です。

どちらの場合でも純正タイヤ以外のサイズのものを装着するときには、まずディーラーなどプロに空気を入れてもらうのが良いでしょう。そしてそのときに適正な空気圧を聞き、次回からはその値を目安にするのが安全です。

タイヤに窒素を入れるとどうなる?

タイヤに窒素を入れるとどうなる?

近年、窒素を入れることができるガソリンスタンドを見かけるようになりました。空気ではなく窒素をタイヤに入れると、どのような利点があるのでしょうか。

  • 空気と比べると、純粋な窒素には次のような特徴があることがわかっています。
  • ・ゴム分子を通り抜けづらい
  • ・音の伝達性が低い
  • ・燃えない

これらの点を活かすと、タイヤに窒素を充填した場合に以下のようなメリットが考えられます。

窒素が抜けにくい

窒素はゴム分子を通り抜けにくいので、空気を入れるのに比べタイヤの空気圧の減少を抑えることが期待できます。この効果の延長として、結果的にタイヤの劣化や寿命を延ばすことに繋がる、ともいえます。

静粛性が増す

走行中の路面からの音は、タイヤのゴムや空気を伝わって車内へ届きます。音を伝える力が弱い窒素を使用することで、より静かな運転を楽しむことができるようになるといわれています。

もしものときに被害を抑えることができる

万が一、車が炎上するような大事故に遭ってしまった際に、延焼を防ぐ効果を持っています。「酸素を含んだ空気」ではなく不燃性の窒素のみを入れたタイヤならば、タイヤが燃えるようなことがあっても火の勢いを増加させることはありません。

メリットの多い窒素の充填ですが、デメリットも存在します。それは、「入れる場所が限られること」と「費用がかかること」です。一般的にどこでも無料で入れられる空気に比べ、窒素は専用の設備を備えたガソリンスタンドやメンテナンスショップでしか入れることができません。作業では一旦タイヤの空気をすべて抜き、そこへ窒素を入れていきます。費用は1台につき大体2,000円前後です。

また、一度窒素を入れたタイヤに空気を補充する際にもデメリットが存在します。空気を補充すること自体は問題ありません。しかし空気を補充していくことにより、タイヤ内の窒素の割合が減少し、純粋な窒素によるメリットがなくなってしまいます。窒素の充填を試す際には、このようなメリット・デメリットを理解したうえで実施されることをおすすめします。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170705-8

「車のメンテナンス」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り