自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

東北自動車道(東北道)とは。料金やマップ(上り/下り)、インターチェンジ(IC)

東北自動車道(東北道)は開通以来、東北エリアと首都圏を結ぶ高速道路として利用されてきました。東北地方県間の幹線バスだけで、年間数百万人にのぼる利用者があります。東日本では最多の交通量を誇る日本の大動脈として、大きな役割を果たしています。東北道の料金やマップ、インターチェンジ(IC)などの基本情報を確認するとともに、東北道の渋滞情報の確認方法についてもご説明します。

東北自動車道(東北道)とは

東北自動車道(東北道)は、埼玉県川口市にある川口ジャンクション(JCT)から、青森県青森市の青森インターチェンジ(IC)までをつなぐ、日本最長の高速道路です。東北道は埼玉県、群馬県、栃木県、福島県、宮城県、岩手県、秋田県、青森県を通っています。

首都圏からや東北エリアへの往来はもちろん、東北地方県間の行き来にも活用され、地域間の交流を促進する役目も担っています。

2026年度までに日本海沿岸東北自動車道全線開通

東北地方整備局による道路事業では、2019年から『5年で見えるみちづくり』として、約5年間の開通見通しを公表しています。山形県鶴岡市から秋田県小坂町間の約230kmにおいては、2026年度までに全線開通する見通しと公表されており、詳細は以下の通りとなっています。

時期 県名 区間 距離
2020年開通 山形 酒田みなとから遊佐比子(ゆざひこ) 約5.5km
2023年度 山形 遊佐比子から遊佐鳥海(ゆざちょうかい) 約6.5km
2023年度 秋田 二ツ井今泉(ふたついいまいずみ) 約4.5km
2025年度 秋田 遊佐象潟(ゆざきさかた)道路内の小砂川(こさがわ)から象潟 約7.3km
2026年度 秋田
山形
遊佐鳥海から小砂川 約10.6km
※2024年2月現在

東北自動車道(東北道)の料金

東北自動車道(東北道)の高速料金を調べたい場合、どのような方法があるのでしょうか。起点である川口ジャンクション(JCT)から、八戸ジャンクション(JCT)まで走行した場合、高速料金は普通車の通常料金では13,200円となっています。

※2024年2月現在

東北道の高速料金について調べたいときには、NEXCO東日本の「東日本エリアの高速道路料金表一覧」で確認できます。「どのICで降りるのが適切か」を考える際に、高速料金も検討材料のひとつとなります。この料金表一覧を見て、事前に確認しておくとよいでしょう。

東北自動車道(東北道)の渋滞ポイントマップ

東北自動車道(東北道)の渋滞ポイントを確認したい場合は、NEXCO東日本の「東北道の渋滞ポイントマップ」で確認できます。渋滞ポイントマップでは、上り線・下り線の混雑しやすいインターチェンジ(IC)やパーキングエリア(PA)情報の確認が可能です。

お盆や年末年始などの混雑しやすい時期は、渋滞ポイントマップを活用して渋滞を避け、快適なドライブを楽しみましょう。

東北自動車道(東北道)の渋滞情報を知るには

渋滞情報を知りたいときには、公益財団法人日本道路交通情報センターが提供している「日本道路交通情報センター(JARTIC)」のウェブサイトで、調べることができます。こちらの情報はリアルタイムに道路混雑情報や、交通情報を取得することが可能です。

渋滞情報を確認し、渋滞するタイミングで休憩や食事をとるなどの工夫をしながら、混雑を回避しましょう。

東北自動車道(東北道)のインターチェンジ(IC)

東北自動車道(東北道)のインターチェンジ(IC)について、見ていきましょう。
東北道は先述の通り、埼玉・群馬・栃木・福島・宮城・岩手・秋田・青森の8県を通っています。

東北自動車道のインターチェンジ(IC)には、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)と一体になっているところもあります。
東北自動車道にあるインターチェンジ(IC)は以下の通りです。

埼玉県 川口JCT、浦和IC、岩槻IC、蓮田SA/蓮田スマートIC、久喜IC、加須IC、羽生IC/羽生PA
群馬県 館林IC
栃木県 佐野藤岡IC、佐野SA/佐野SAスマートIC、栃木IC、都賀西方PA/都賀西方スマートIC、鹿沼IC、大谷PA、宇都宮IC、上河内SA/上河内スマートIC、矢板IC/矢板北スマートIC、西那須野塩原IC、黒磯PA/黒磯板室IC、那須IC、那須高原SA/那須高原スマートIC、
福島県 白河IC、白河中央スマートIC、矢吹IC 鏡石PA/鏡石スマートIC、須賀川IC、郡山南IC、郡山中央スマートIC、郡山IC、本宮IC、二本松IC、福島松川PA/福島松川スマートIC、福島西IC、福島飯坂IC、国見IC/国見SA、阿武隈PA、安積PA安達太良SA、吾妻PA
宮城県 白石IC、村田IC、仙台南IC、仙台宮城IC、泉PA/泉PAスマートIC、泉IC、大和IC、大衡IC、三本木PA/三本木スマートIC、古川IC、長者原SA/長者原スマートIC、築館IC、若柳金成IC、蔵王PA、菅生PA、鶴巣PA、長者原SA、金成PA
岩手県 一関IC、平泉前沢IC、奥州スマートIC、水沢IC、北上金ヶ崎PA/北上金ヶ崎IC、北上江釣子IC、花巻南IC、花巻IC/花巻PA、紫波IC、矢巾PA/矢巾スマートIC、盛岡南IC、盛岡IC、滝沢中央スマートIC、滝沢IC、西根IC、松尾八幡平IC、安代IC、中尊寺PA、前沢SA、紫波SA、滝沢PA、岩手山SA、前森山PA、畑PA、田山PA
秋田県 鹿角八幡平IC、十和田IC、小坂IC、湯瀬PA、花輪SA、小坂PA
青森県 碇ヶ関IC、大鰐弘前IC、黒石IC、浪岡IC、青森IC、阿修羅PA、津軽SA、高舘PA
※2024年2月現在

東北道のインターチェンジ(IC)について詳しく調べたいときは、NEXCO東日本のウェブサイト「ドラぷら」内にある「高速料金・ルート検索」にて調べることができます。地図やIC名、道路名や住所といったさまざまな方法でインターチェンジ(IC)の情報を得ることが可能です。

まとめ

東北自動車道は、首都圏から直接東北各地の観光地へ手軽にアクセスできます。また、いわて花巻空港などの地方空港の利用者数増加にも、東北自動車道は一役買っています。空港から周辺エリアへのアクセス向上にも貢献しているため、観光には欠かせない存在といえるでしょう。

また東北道は、日本で最も長い高速道路です。パーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)でリフレッシュして、安全運転を心がけましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2024年2月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200812-1

「高速道路」の記事一覧

「高速道路」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り