閉じる

中古車の修復歴とは事故車のこと?保証のあり・なしを確認

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

リーズナブルな価格が魅力的な中古車ですが、年式や走行距離など、安心して使用するためには確認すべきポイントがたくさんあります。特に車の価格に大きく影響する「修復歴」には注意しましょう。今回は、中古車を購入するときの注意点や、車の状態を知るためのコツなどを紹介します。

中古車購入時のチェックポイント

中古車を購入するときには、チェックすべきポイントがいくつもあります。まずは希望する車種などを絞ったうえで、中古車検索サイトなどで走行距離や年式、修復歴の有無などを確認しておくといいでしょう。

年式については、一昔前までは「車の価値は10年まで」とも言われていましたが、最近は技術の進化によって性能が向上しているため、10年以上古い年式であっても走行上問題ないというケースもあります。ただし、壊れにくくなったとはいえ、年式が古い車は市場価値が低くなるため、将来的に下取りに出したいと考えている場合は注意してください。

中古車を買うときには、年式だけでなく走行距離も大切です。車の消耗度を把握するうえでは、年式よりも走行距離の方が参考になります。たとえ比較的新しい中古車であっても、走行距離が長くなれば部品が消耗していますので、新たに部品の交換や修理が必要になるかもしれません。

とくに8〜10万km程度走った車は、ファンやエアコン類のベルトやバッテリー、プラグなどさまざまなパーツに問題が発生している場合が少なくありません。ただ、前のオーナーが既に新しい部品に交換している場合もありますので、過去の車検や整備の実施状況を確認するとよいでしょう。

当然ですが、年式が新しく、走行距離が少ない車を購入できるのであればそれがベストです。しかし、そうした車は新車に近い価格になっているものです。価格を重視するのであれば、年式の古い車を選択肢に入れるという方法もあります。

年式が古くても長く乗れる車の目安は、走行距離2万q未満です。「できるだけ最新のデザインや性能の車に乗りたい」という場合は別ですが、年式が多少古くとも、走行距離の少ない車を選べば、購入費を抑えながら修理代や維持費も節約することができます。

「修復歴」がつくケースとは

もう一つ、欠かせないチェックポイントがあります。それが「修復歴」です。修復歴の有無は、中古車の評価を大きく左右します。修復歴がある中古車はかなり安くなっています。

修復歴については統一基準があります。この統一基準は、自動車公正取引協議会や日本自動車査定協会、日本中古自動車販売協会連合会などが、消費者に対する公平な情報提供のために定めているものです。修復歴のある車(修復歴車)の統一基準を見ておきましょう。

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、又は、その修復歴のあるものは、商品価値の下落が見込まれるので、「修復歴車」となります。」

ボンネットタイプ

① フレーム(サイドメンバー)
② クロスメンバー
③ インサイドパネル
④ ピラー
⑤ ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロア
⑧ トランクフロア
②から⑧の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。
一般財団法人 日本自動車査定協会ウェブサイトをもとに作成

このように、修復歴がつく車は、「自動車の骨格等」に欠陥を生じているものですから、これらの箇所に修理歴や歪み、曲がりがある車両は、「修復歴あり」と判断されるのです。

自動車の骨格部分は、よほどのことがない限り修理をすることはありません。つまり、事故にあった場合に修復歴がつくケースがほとんどです。そのため、修復歴車のことを「事故車」と呼ぶこともあります。

しかし、事故を起こした車であっても自動車の骨格部位が修復されていなければ修復歴なしとなります。
中古車販売業者に修復歴の表示は義務付けられていますが、事故歴そのものについての告知義務はありませんので注意しましょう。

修復歴車はやめた方がいい? 修理履歴や保証内容を要確認

それでは、修復歴車は使用上問題があるのでしょうか? 必ずしもそうではありません。フレームやダッシュパネルまで修理しているようなケースは危険性が高いと考えられますが、少しバンパーにぶつけただけで修復歴がつく場合もありますので、どのような故障があったのかが重要です。

逆に、修復歴がついていないにもかかわらず、問題のある中古車もあります。たとえば車体の一部であるフェンダーやドアが壊れていたり、キズやへこみが車全体にあってボロボロの状態だったりしても、修復歴の基準に照らすと「修復歴なし」になりますから、修復歴の有無だけで中古車選びをするのは勧められません。

修復歴車の購入を検討するときには、事故の後の修理状況を確認することも大切です。たとえ大きな事故による修理があったとしても、きちんと修理されていれば使用に支障はないということもあり得ます。車の開発技術と同様に修理技術も進歩しているからです。

代表的な中古車情報サイトでは、第三者が品質を証明している場合もありますので、こうした情報も参考にしてみましょう。保証期間や保証内容などアフターフォローが充実していた方がいいことはもちろんです。保証の内容もきちんと確認し、なにか問題があったときに対処できるようにしておきましょう。

とはいえ、いかにきちんと修理がされていたとしても修復歴車は価格が大きく下がります。そのため、数年で買い替えを予定している人は注意が必要です。年式が古く、走行距離が長く、しかも修復歴のある車の査定額にはほとんど期待できません。「事故を起こした車には乗りたくない」というように心理的に抵抗がある場合も、修復歴なしの車に絞って購入を検討した方がいいと考えられます。

ただ、走行上の影響がないにもかかわらず、修復歴がついていることで価格が大きく下がっている中古車も市場には出回っていますから、最後まで乗り続ける覚悟で買う場合や、将来の下取り価格を期待しない人にとっては、お買い得かもしれません。

今回は、中古車を買うときのポイントをお伝えしました。中古車を購入するときには、自分が何を優先するかを考えることが大切です。たとえ修復歴車であっても、価格などを考慮すると理想的なものを選べるかもしれません。納得できる車を手に入れるためにも、じっくりと検討してみましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190320-1

「車の基礎知識」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り