閉じる

酒気帯び運転とは

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
酒気帯び運転とは

酒気帯び運転とは、道路交通法における飲酒運転のひとつで厳しい罰則があります。お酒(アルコール)は、少し飲むだけでも脳の機能に影響し、運転時の注意力や判断力を低下させてしまいます。「自分は酔わない」「飲んでから少し寝たので大丈夫」。そんな考えが人の命を奪う重大な事故につながることも…。

ここでは、酒気帯び運転とは何なのか、酒酔い運転との違いや危険性、罰則について解説します。

酒気帯び運転と酒酔い運転の違い

酒気帯び運転と酒酔い運転の違い

道路交通法では、飲酒運転を大きく分けて「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」と定義しています。

酒気帯び運転

呼気(吐き出す息のこと)1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された状態

酒酔い運転

まっすぐに歩けない、受け答えがおかしいなど客観的に見て酔っている状態

飲酒検問では、警官がアルコール検知器を使い、運転者の呼気中にどれくらいのアルコールが含まれているかを測定します。ここで反応が出た場合、酒気帯び運転として罰則を受けることになります。

呼気中アルコール濃度は、お酒に強い・弱いといった体質には依存しません。「自分は全然酔っていない」「お酒を飲んでから時間が経っている」と主張し、たとえ運転や警官とのやり取りに問題がなかったとしても、アルコール濃度の基準値を超えた時点で罰則を免れることはできません。

一方、酒酔い運転は、呼気中アルコール濃度にかかわらずアルコールの影響によって車両の運転に支障をきたしている状態です。警官とのやり取りがうまくできない、まっすぐに歩けないなどの症状があれば、酒酔い運転として検挙されます。

お酒に弱くて少しの量でも酔ってしまう人は、たとえ呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg未満だったとしても酒酔い運転で罰則を受ける可能性があります。

【運転手にも、同乗者にも重い罰則】
飲酒運転によって尊い命が失われる悲惨な死亡事故が増えたことをきっかけに、飲酒運転に対する罰則は以前よりも厳しくなりました。

平成21年6月以降、酒気帯び運転と酒酔い運転には以下の罰則が定められています。

●運転者

<罰則>

酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

<行政処分>

酒気帯び運転 呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満 13点 免停90日
呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上 25点 免許取り消し 欠格期間2年
酒酔い運転 35点 免許取り消し 欠格期間3年

※すべて前歴、およびその他の累積点数がない場合
※「欠格期間」とは、免許の取り消しになった後、再度免許の取得が許されない期間のことをいいます。

また、運転者だけではなく、お酒を飲んでいると知りつつ車両を提供した人には運転者と同じ罰則が与えられます。

さらに、運転者が酒を飲んでいると知りつつ、その車両に同乗した人には以下の罰則が定められています。

運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

ちなみに、酒気帯び運転および酒酔い運転時に事故を起こした場合、自分のケガや車両の破損に関して自動車保険の支払いを求めることはできません。自動車保険は、補償の対象外になるケースを免責事項としてあらかじめ定めており、その中に酒気帯び運転や酒酔い運転が含まれています。

ただし、飲酒事故の被害者を救うという観点から、被害者およびその所有物は補償対象になります。

少しだけなら、アルコールはすぐに抜ける?

少しだけなら、アルコールはすぐに抜ける?

お酒を飲んでも仮眠をすれば大丈夫と考えてはいないでしょうか。実は、飲酒後に仮眠を取り、スッキリ目覚めたとしてもアルコールが体内からすべて抜けきっているとは限りません。

一般的に、ビール中びん1本、または日本酒1合に含まれるアルコールが分解されるには約4時間かかるといわれています。

この数値は体重60kgの成人男性の場合で、性別や体質、体調によってアルコールの分解速度は異なります。ですので、4時間経ったから大丈夫とは必ずしも言い切れません。しかも、睡眠中は起きているときにくらべてアルコールの分解速度が遅くなるということも研究で明らかになっています。
(参考:政府インターネットテレビ「その先の悲劇 絶対にしない・させない!飲酒運転」http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201312/1.html

酒気帯び運転で検挙された事例には、お酒を飲んでから仮眠を取り、その後に運転したケースや、深酒をした翌朝に運転したケースもありました。

アルコールが抜けきる速度には個人差があるので、何時間経ったら大丈夫という基準を定めることはできません。翌日に車を運転する予定のある場合は特に、適度な飲酒を心がけてください。

「飲んだら乗るな」が鉄則

「飲んだら乗るな」が鉄則

道路交通法第65条第1項には『何人も酒気を帯びて車両等を運転してはならない』と記されています。つまり、どれくらいまでなら飲んでも大丈夫という判断ではなく、酒気を帯びる、つまりお酒を飲んだ時点で運転は避けるべきです。

現在の道路交通法では、呼気1リットルあたりのアルコール濃度が0.15mg以上の場合に酒気帯び運転の罰則が定められています。しかし、アルコール濃度が基準値以下でも運転に悪影響を及ぼす場合があることが研究で示されています。

たとえば、危険を察知して反応する速度は、お酒を一切飲んでいない場合と比べて遅くなる傾向があります※。また、ハンドルを左右に回す量やアクセルの踏み込み量も大きくなりがちです。
(※出典:財団法人 交通事故総合分析センター
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info72.pdf

飲酒運転は、本人が酔っている自覚のない酒気帯び運転でも非常に危険な行為です。罰則があるから避けるのではなく、自分や他の人の人生を守るために、運転者と周りの人が協力して“飲んだら乗るな”を徹底しましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170707-1

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り