自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

サイドミラー(ドアミラー・フェンダーミラー)とは。位置・角度の調整方法、自動格納など故障の修理

サイドミラー(ドアミラー・フェンダーミラー)は、安全運転に欠かせない重要な装置です。

位置や角度の調整によって、運転時の視界をよりクリアにできます。
また、サイドミラーの視認性をより高めるための製品開発なども進んでいます。

本記事では、車のサイドミラーについて、その基本的な扱い方や役割、故障時の対処方法などをご説明いたします。

サイドミラーとは

サイドミラーは

通称ドアミラーやフェンダーミラーとも呼ばれ、ドア外側、左右フェンダまたはカウルの両側に取り付けられた後写鏡、つまりバックミラーのひとつです。

※車の全面上部

ドアミラー

車の前席のドア外側に取り付けられた後方確認用のミラーのことです。

フェンダーミラー

車の前輪周辺を覆うパネルの上に取り付けられた後方確認用のミラーのことで、通常は車のフロントに左右対称に設置されています。

最近ではフェンダーミラーを使用する車は減っていますが、タクシーなどには使用されています。

サイドミラー(ドアミラーとフェンダーミラー)の特徴

車の右後方を確認するときは、右のドアミラーかフェンダーミラーを、車の左後方を確認するときは、左のドアミラーかフェンダーミラーを確認します。

それぞれ左右の後方確認は可能ですが、真後ろが見えないことが特徴です。

法令で定められたサイドミラーの設置基準

サイドミラーを含むバックミラーの装備は、道路運送車両の保安基準第44条により義務付けられている、自動車の重要な備品です。

バックミラーのひとつであるサイドミラーは、車の運転中、あるいは駐車時、発進時など、車を動かすときに必須です。

後方に車や人がいないかどうか、壁などの障害物との距離は大丈夫かどうかなど、後方の安全を確認するために欠かせません。
設置基準も詳細に定められています。

道路運送車両の保安基準第44条の細目告示第3節第224条によると、

  • 走行中の振動でその機能が損なわれないように取り付けられていること
  • 運転席から左右の外側線上後方50メートルまでが見えること

さらに道路運送車両の保安基準第44条では、

  • 方向の調節が簡単で一定方向を保持できること
  • サイドミラーなど車外のものは歩行者と接触した場合、衝突の衝撃が緩和できる構造であること
  • 鏡面に著しいひずみや曇り、ひび割れがないこと

も設置基準として定めており、これらを満たしていないサイドミラーは車検に通らない可能性があります。

出典:

サイドミラーの役割

高速道路での車線変更や追い越し、後続車(特に自転車やオートバイ)の確認、あるいは車庫入れなど、運転中にサイドミラーが活躍する場面は多いものです。

サイドミラーの正しい設置

小さな反射面しか持たないサイドミラーですが、正しい位置に設定し、鏡の表面が曇ったり水滴がついてしまったりしないよう、注意しましょう。

正しいドライビングポジションから

運転席での姿勢やシートの高さ、位置などによって、サイドミラーの見え方は全く異なってきます。サイドミラーの角度を調整する前に、まずは正しいドライビングポジションを確認しましょう。

  • シートのヘッドレストと頭にすき間ができないよう、頭頂部とシートの高さを合わせる
  • 腕の関節に軽く余裕を残す
  • ブレーキペダルをいっぱい踏んでも軽く膝に余裕がある
  • シートにお尻を密着させ深く座る

サイドミラーの位置と角度調整

サイドミラーの位置と角度調整は、必ず正しい乗車姿勢を保ったまま、以下のように行いましょう。

  • 左右方向は、鏡面の内側1/4程度に自車が映りこむ位置を基準とする
  • 上下方向は、地平線がミラーの2/3程度を占める位置となるように調整する

ミラーの撥水と親水

安全運転と事故防止に役立つサイドミラーは、常に鏡面の視界をクリアにする必要があります。

曇りや水滴などで周囲が見えづらくならない方法に、ミラーの撥水加工と親水加工があります。

撥水は水を玉状にして弾き飛ばすしくみです。
親水は逆にミラーに水をなじませるしくみです。

撥水も親水も水滴を落とすという点では共通ですが、水滴の落とし方が違います。

撥水加工・親水加工ができるアイテム

  • ドアミラーフィルム
    フィルムに特殊な加工が施されていて撥水効果や親水効果を発揮
  • コーティング剤
    スプレータイプのものなどが市販され、スプレーするだけで撥水効果や親水効果を発揮
  • ブルーミラー(親水)
    ミラー自体が親水加工され、水滴を薄い膜のように伸ばして視認性を向上

サイドミラーの故障と対処方法

安全運転に必要なサイドミラーが故障した場合はすぐに修理しましょう。

サイドミラーが故障したときの対処法をご説明します。

サイドミラーが動かない/開かない

車のサイドミラーが動かない、あるいは開かない原因は、まれにヒューズが切れている場合もありますが、大半がサイドミラーのモーター故障や寿命によるものです。
メーカーの保証期間を過ぎた場合は、こうした故障は起こってしまう可能性があります。

故障した場合は、車を買った販売店やディーラーに相談して、適切な対処法を取りましょう。

ドアミラーの格納ができない

また、電動の自動格納機能が付いているドアミラーは、回転方向以外に強い力が加えられて折りたたまれると内部部品が破損し、電動での自動格納操作ができなくなったりすることがあります。

あるいは、サイドミラーのカバー部の開閉作動を反復することで内部の樹脂ギヤが破損し、カバー部の開閉操作を電動で行えなくなったりします。

こうした現象については、各メーカーごとで車種別に保証期間延長などの処置がなされているため、メーカーからの情報をチェックしましょう。

サイドミラーが傷がついた(擦った)/割れた場合

小さな傷や擦り傷程度であれば、ヤスリやコンパウンドで傷周辺の表面を整えて、タッチアップペンで傷を目立たなく補修することができます。

しかし、サイドミラーが割れたり、大きく深いキズがついた場合は、ミラーの交換や、傷口の補修から塗装まで、ミラー全体を修理する必要があります。

自分の手で修理するとなると、それなりの知識と技術力が必要になります。
そのため修理工場や、板金・塗装業者などに費用も含め相談する方が望ましいです。

故障の原因が接触や当て逃げの場合

車体から突出しているサイドミラーは、接触や当て逃げなどで故障する場合もあります。

その場合は警察への通報など、適切な対処法を心がけましょう。当て逃げのときの対処法についてはこちらの記事も参考にしてください。

当て逃げされたときどうする

特殊なサイドミラー

近年では、従来のサイドミラーに替わり、ウィンカーを搭載したサイドミラーを装備した車種もあります。

また、サイドミラーの位置にカメラを取り付け、車両後方の映像を運転席、助手席の前に設けたモニターで確認できる電子サイドミラーを選べる車種もあります。

まとめ

バックミラーのひとつであるサイドミラーは、左右の後方確認のための重要な運転時の装置です。

正しい位置や角度などにも気を配り、運転時の視界の安定性を保つことを心がけ、安全なカーライフを送りましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年1月時点の内容です。

出典:道路運送車両の保安基準第44条(後写鏡等)

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200120-5

「カー用品・パーツ」の記事一覧

「カー用品・パーツ」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り