閉じる

車載は「発炎筒」。「発煙筒」は不可?発炎筒の車検時の基準や使い方

車載は「発炎筒」。「発煙筒」は不可?発炎筒の車検時の基準や使い方

“ハツエントウ”は車に装備することを義務付けられています。“発炎筒”なのか“発煙筒”なのか、またはどちらでも良いのか、正しく答えられるでしょうか?

“ハツエントウ”は事故防止のためにとても需要なアイテムです。
車に常時装備すべきなのは“発炎筒”なのか“発煙筒”なのか、しっかりと確認しておきましょう。

本記事では、車に装備する“ハツエントウ”に関して詳しく解説します。

車に装備義務があるのは“発炎筒”

車に装備義務があるのは“発炎筒”

車に装備することを義務付けられているのは“発炎筒”です。正式名称は「自動車用緊急保安炎筒」といいます。

発炎筒と発煙筒は読み仮名が同じで、ともに危険を知らせるために使用するものです。しかしそれぞれの特徴は大きく違い、道路上で発煙筒を使用してしまうと、逆に危険が増してしまう恐れもあります。
そのため発炎筒と発煙筒の違いについて正しく理解しておきましょう。

発炎筒は炎の灯で危険を知らせる

発炎筒は炎の灯によって危険を知らせるアイテムで、車への装備が法令で義務付けられています。
車への発炎筒の装備義務に関しては、「灯光の色、明るさ、備付け場所等に関し告示で定める基準に適合する非常信号用具を備えなければならない」と道路運送車両法の保安基準第43条の二で定められています。

道路上で車の故障など非常を知らせる場合は、安全を妨げないように灯光を発することによって他の車などに警告をしなくてはいけません。このために車には発炎筒の装備が義務付けられているのです。

ただし、「二輪自動車、側車付二輪自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車及び被牽引自動車にあっては、この限りでない」との条文から、自動車に関しての義務となります。

道路で「発煙筒」を使用すると危険度が高まる

道路で「発煙筒」を使用すると危険度が高まる

発煙筒も発炎筒と同じく危険があることを周囲に効果的に知らせることができるアイテムです。

しかし道路上で発煙筒を使用してしまうと、逆に周囲に対する危険度を高めてしまいます。
発煙筒からはモクモクと勢いよく煙が噴出します。このため道路上で発煙筒を使用すると、煙により周囲の視界が遮られ、2次被害を引き起こす可能性があります。

一方、発炎筒も炎と同時に煙が出ますが、煙の量は少なく、あくまでも赤い炎の灯によって危険を知らせるので、周囲の視界を遮ることなく効果的に危険を知らせることができるのです。

発炎筒を装備しない場合の罰則は?

発炎筒を車に常時装備することは法令で定められた義務ですが、車に発炎筒を装備していない場合は、どのような罰則になるのでしょうか。

基本的には発炎筒を装備していなくても道路運送車両法の保安基準では特に罰則を規定していません。

しかし、国土交通省による街頭検査で、非常信号用具を装備していない車に対して整備命令書が発行される場合があります。
この場合は15日以内に非常信号用具を装備しなければなりません。

もし、この命令に従わない場合は道路運送車両法の54条の2に抵触し、結果同法108条の規定により、懲役6ヵ月もしくは30万円以下の罰金、あるいは109条の規定により50万円の罰金に科せられる罰則となります。

発炎筒は道路上で緊急の際に、周囲に危険を知らせるための重要なアイテムです。法令上、車への装備が義務付けられているので、必ず車に搭載するようにしましょう。

発炎筒と車検

発炎筒と車検

車への装備が義務付けられている発炎筒ですが、車検との関係はどのようになっているのでしょうか。発炎筒と車検についても確認しましょう。

発炎筒の装備は車検に必要

結論からいえば、発炎筒が車に装備されていないと車検には通りません。
罰則が無いからといって発炎筒を装備していないと、車検時に困ったことになってしまいます。こうした点からも、発炎筒は必ず車に常時装備しておきましょう。

発炎筒に必要な規格は?

発炎筒はJIS規格品またはそれと同程度以上の性能を有するものを車に装備することが定められています。
ちなみに発炎筒の有効期限はJIS規格で4年、燃焼時間は5分以上となっています。

道路運送車両法の保安基準第43条の二でも「基準に適合する非常信号用具を備えなければならない」と規定されているので、発炎筒は4年を目途に買い替えることをおすすめします。
4年を過ぎてしまうといざというときに使用できない場合があります。車検時には有効期限が過ぎていないか、必ず確認しましょう。

また有効期限内でも損傷していたり、湿気を吸収していたりする場合は必ず買い替えるようにしてください。

発炎筒を使用する場合

発炎筒を使用する場合

発炎筒は道路上で非常時に使用しますが、具体的にはどのような場合に使用するのかも理解しておきましょう。

高速道路で停止した場合

高速道路で故障や燃料切れ、あるいはタイヤのパンクなど、やむを得ない事情により停車が必要になった場合、停止表示器材(三角表示板)を車の後方に置くとともに、発炎筒で後続車に危険を知らせます。

踏切内で車が動かなくなった場合

踏切内で車が故障や脱輪などで動けなくなった場合、踏切の非常ボタンを押し、さらに発炎筒で向かってくる電車に危険を知らせます。

見通しの悪い場所で事故を起こした場合

カーブなど見通しの悪い場所で事故を起こした場合も、後続車に発炎筒で危険を知らせます。

発炎筒の使用方法

発炎筒の使用方法

発炎筒は助手席や運転席の足元など、わかりやすく取り出しやすい場所に備え付けるのが通常です。いざというときのために、設置場所や一般的な使用方法を確認しておきましょう。

(使用方法)

  1. 発炎筒を助手席や運転席の足元から取り出します。
  2. 発炎筒のキャップを外し、本体を取り出します。
  3. マッチを点火するように、キャップに付いている擦り板で発炎筒を点火します。
  4. 点火したら筒先を自分自身や他人に向けないように気をつけ、手に持ったり道路に置いたりして後続車に危険を知らせます。

なお発炎筒は周囲に燃え移りやすいものがあったり、煙がこもりやすい場所では使用しないようにしましょう。特にガソリンやオイルが漏れた場合、トンネル内では決して使用しないよう注意が必要です。

また発炎筒の使用は一回限りとなりますので、使用したらすぐに新しいものを購入しましょう。
使用した発炎筒の捨て方は使用した花火と同じです。水で完全に火を消してから一般ごみとして廃棄します。

発炎筒を車に装備することは法令で定められた義務です

発炎筒を車に装備することは法令で定められた義務です

車に装備するは“ハツエントウ”は発煙筒ではなく、炎の灯で事故などを知らせる“発炎筒”が正解です。

発炎筒は、法令で車に常時装備することが義務付けられています。また、発炎筒が装備されていないと車検には通らないので注意が必要です。発炎筒は事故の際の重要な安全装備なので必ず常時車に装備しましょう。

なお発炎筒の有効期限はJIS規格で4年間なので、有効期限が切れた場合は必ず新しいものを購入しましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190829-2

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り