閉じる

自動車保険のおすすめプラン(30代・40代・50代)

自動車保険のおすすめプランは?

車を新しくしたり、ライフスタイルが変わったりしたときは、補償内容と保険料のバランスを含め、自動車保険を見直す機会です。

ご自身とご家庭の状況に適した補償内容になるだけでなく、いままでより保険料を節約できる可能性もあります。

本記事では、30歳代、40歳代、50歳代の年代別におすすめの補償内容や特約を付帯した自動車保険の保険料例をご説明します。

30代・40代・50代の年代別のおすすめプラン・自動車保険料例

自動車保険加入にあたり、30代・40代・50代の年代別のおすすめプラン・自動車保険料例をご紹介します。ご自身の条件に近い例を見て、保険選びの参考にしてください。

プリウス(ZVW52)

  • 年間保険料例
    31,650
  • 年齢
    56歳
  • お住まい
    東京
  • 走行距離
    5,000km超
    10,000km以下
  • 等級
    20等級
  • 車両保険
    • 車両保険(限定カバー型)

アクア(NHP10)

  • 年間保険料例
    38,990
  • 年齢
    47歳
  • お住まい
    福岡
  • 走行距離
    5,000km超
    10,000km以下
  • 等級
    18等級
  • 車両保険
    • 車両保険(限定カバー型)

フィット(GP6)

  • 年間保険料例
    24,320
  • 年齢
    32歳
  • お住まい
    千葉
  • 走行距離
    5,000km超
    10,000km以下
  • 等級
    13等級
  • 付帯補償(自由に追加)
    • なし

自動車保険選びのポイント

自動車保険選びのポイント

自動車保険を選ぶにあたってのポイントを、簡単にまとめました。

通販型と代理店型どちらで加入する?

自動車保険を申し込む方法は主にふたつあります。通販型と代理店型です。

通販型(ダイレクト型)
インターネットや電話で自動車保険を申し込む方法です。保険会社に直接申し込むことになるため、「ダイレクト型」と呼ぶこともあります。

  • 窓口に出向く必要がない、申し込みに時間がかからない
  • インターネットや電話回線さえあればどこでも申し込み可能
  • 代理店型に比べると保険料が割安である(各種割引が多い)

といった特徴があります。

代理店型
保険会社から委託された代理店を通じて自動車保険を申し込む方法です。街中の窓口で申し込むほか、自宅や職場にスタッフが出向いて契約するなど、人と対面して手続きが進む点が通販型と大きく異なります。

  • 担当者と相談をしながら保険を選ぶことができる
  • 担当者がつくため、加入後も相談しやすい
  • 通販型に比べると保険料が割高になる

といった特徴があります。

補償内容と保険料のバランス

補償の範囲が広ければ当然ながら保険料は高くなります。自分にとって必要な補償を考えたうえで、運転者の範囲を限定する、不要な補償はつけないなど、保険料と補償内容のバランスを考えてみてください。必要な補償内容と保険料のバランスは、加入者の「年齢」「性別」、主に誰が運転するのかといった運転者の「範囲」や「事故歴」「車の用途」「走行距離」などによっても左右されますので、保険会社に見積もりをとって比較することが大切です。

事故対応の充実度

自動車保険において事故対応はもっとも重視したいポイントではないでしょうか?そもそも自動車保険は万一の事故リスクに備えるもの。事故対応の要素は「事故の受付体制」「事故の初期対応」調査や認定結果の報告、保険金支払などの「事故処理」があります。
事故受付は電話、インターネットで24時間365日という保険会社がほとんどですが、事故の初期対応受付時間は各社異なります。特に休日、夜間の事故対応についてはチェックしておきましょう。
初期対応とはレッカー移動の手配、現場の確認などです。事故担当者のきめ細かいコミュニケーションも自動車保険選びの重要な決め手となります。

チューリッヒの安心の事故対応についてはこちら

ロードサービスの内容

「ロードサービス」は、ガス欠やパンク、キー閉じ込みなどの身近なトラブルに対応するもので、自動車保険(任意保険)に付帯するサービスです。保険会社(あるいは損保会社)により、「ロードアシスタンス」や「アシスタンスサービス」など、呼び方が異なる場合があります。

ロードサービスは各社展開しているサービス項目自体には差がありませんが、レッカーサービスの無料移動距離など細かい点で違いがあります。 自動車保険において最も重要なのは補償内容ですが、カーライフの心強い味方として確認しておきましょう。

チューリッヒのロードサービスについてはこちら

さまざまな保険の中からよりご自分に合った自動車保険を

さまざまな保険の中からよりご自分に合った自動車保険を

以上、自動車保険選びのポイントと、年代別プラン・保険料例をご紹介しました。必要な補償はお客様のご家庭の状況によりそれぞれ異なりますが、ある程度近いケースがあると、保険を選ぶ際のよい目安になるはずです。ぜひ参考にしてください。保険会社への相談や、資料請求サービスなども積極的に利用しましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD201216-1

「自動車保険料」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り